椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

05 | 2017/03 | 06
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
プラハの芸術
kampa museum

久しぶりに予定もなく、ただ、のんびりと過ごした週末。
PCの前から離れて散歩に出た。

プラハのアート・ジョークは割と好きだ。


【2008/08/23 19:16】 プラハを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
ウォーキング
stromovka park

日曜日、公園を歩くのが習慣になりつつある。
ほとんど人にいない広大な公園はちょっとばかり恐い。
多分、一人では歩かないほうがいいだろう。

stromovka park2


段々、日の入りが遅くなってきた。
いつまで続けられるのだろうか。




【2008/08/17 19:07】 プラハを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
観光シーズンのプラハ
晴れた5月 2

観光地を迂回するように散歩。

晴れた5月
プラハを代表する観光地といえば、城、橋、時計。
橋の上には溢れる人、人、人。

晴れた5月 3

橋の傍のグリーンには、地元の人が寝そべっている。太陽が顔を出すと途端にグリーンを求めて、人が出てくる。
草の上に寝転ぶのは気持ち良いものだ。

晴れた5月 4


先週はガッツリと寒かったけれど、また日差しが戻ってきた。ここでは兎角、天気の話題になりがちだけれども、それほど色々なものが天候に左右されるということだろう。ともかく、天候の変わり具合は激しい。
そして、人の気持ちもそれに多大なる影響を受ける。







【2008/05/25 19:39】 プラハを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
PAGE TOP
クリスマス・マーケット2007 Vánoční trh 2007
vanoce2


クリスマス前日、旧市街広場のクリスマス・マーケットは相変わらず、たくさんの人出。
今年のツリーは赤。
去年よりもなんだか小さいような気が。

vanoce7


vanoce3

去年は青だったけれど、デコレーションの仕方がなんとなく似ている。


vanoce6


クリスマス・マーケットが開かれている期間中、特設ステージで何かイベントが。
今日はトラディショナル音楽。



vanoce5


マーケットの始まる前はこの像、修理中ののシートが掛けられていたけれど外されている。そんなに工事期間が短かいとは思えないけれど、また修理再開するのだろうか。

実はこのマーケット、クリスマスが過ぎても旧市街広場やヴァーツラフ広場では開かれたままだ。
地元の人向けの場所はクリスマスとともに終了。




よろしくお願いします。


【2007/12/23 23:29】 プラハを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
X-BEER
ビールのアルコール度数というのは通常、低い。
大体5%前後。
チェコのビールはアルコール度数低め。通常同じ銘柄のビールで何種類か作られており、高いもので5%くらいのものだろう。

チェコで一番アルコール度数の高いビールを呑んだ。
「X-BEER 33」
アルコール度数12.6%。
U MEDVÍDKŮ ウ メドヴィードゥク」というホスポダ(居酒屋)で、造られているもので数量限定pivo(ビール)だ。
ちなみに、このU MEDVÍDKŮ、1466年創業。
所謂、「伝統的な」チェコの古いホスポダであり、現在は観光客もたくさん受け入れつつ、ちゃんと常連席をキープしている。ご飯も食べられるし(ホスポダではご飯が食べられないことが多い)、プラハでBudvarを呑むならここが一番美味しい。
ちなみにチェコでは小さなビール醸造所が数多あるけれども、ここが一番小さい。...らしい。

ここがその「nejsilnější pivo 一番強いビール」を造っている、ということは聞いたことがあり、一度試そうとしたときがある。
が、そのときは、今はない、と言われてしまい、随分長いこと行ってなかった(正確に言うと隣の小さなバー・スペースにしか行っていなかった)。
久しぶりにレストラン・スペースを覗いてみると、POP広告が机の上に置いてある。

X-BEER 33 1
ボトルのみ。
セミダークというが黒い。
高いアルコール度数のせいか、泡も立たない。

X-BEER 33 2
一口呑んで...甘い。
カラメル味のようだ。
アルコール度数の高いベルギービールも概して甘いフレーバービールだ。

X-BEER 33 3

「Don't drink alone!」
チェコ語でも「Nikdy nejij sám!」
アルコール度数が高いからだからなんだって言う話だが、一度呑んでみるのもいいかもしれない。
このpivo、入ってすぐのお土産コーナーになっているところでも買える。
グラスを買って帰った。


最近、ロクに呑みにも行ってなかったけれど、
クリスマスに大晦日、呑みに行きたくなった。

よろしくお願いします。

【2007/12/20 23:49】 プラハを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)
PAGE TOP
VÝSTAVIŠTĚ PRAHA
výstaviště ヴィスタビスチェで行われているアンティークマーケットを覗きに行った。
が、このマーケット、思いのほか小さくちょぼかった。さっさと見切りをつけて、výstavištěの中を散策することにする。
この場所はとても有名。
vystaviste1

vystaviste2

vystaviste3

このマーケットが行われている建物は、1891年の万国博覧会のために建てられたものだ。výstavištěという地名自体、「展覧会場」という意味を持つ。
当時としては斬新な建物だったのではないだろうか。
現在もこういった催し物に普通に使用されている。
さて、敷地内をぐるりとしてみる。アリーナ。小さなプール。小さな(さびれた)遊園地。ジオラマ。
小さなプールと(さびれた)遊園地を笑い、ジオラマに入ってみた。

Maroldovo panoráma
Maroldovo panoráma マロルドヴォ パノラーマ
...「リパンの戦い」だそうだ。知らない。こんな戦いがあったこと、知らない。勿論、チェコは例によって負け。
1898年作成。展示自体よりも、この建物がこのジオラマのためだけに作られたことにも驚く。作っている人たちの写真をみると、それなりに良いものを着ている。お金持ちの娯楽だろうか。…説明書きがあったのだが、適当にしか読んでない。
建物自体もかなり老朽化していて、ちょっとヤバい。
入場料20コルナ。冬の間は休館。

ついでに、もう一つ同じ敷地内にある博物館へ。Lapidárium Nar.Muzea ラピダーリウム ナーロドニー ムゼア。石の博物館。
プラハの街にはたくさんの歴史的銅像や建物が、随所にある。はたまたゴシック建築には多くの石が使われている。かの有名なカレル橋には像が立っていることが有名だが、それがオリジナルでないこともまた有名だ。
この博物館には、その像たちがいる。

Lapidarium1
これはプラハ城のスロープ。11世紀。
Lapidarium2
博物館自体の天井もステキ。プラハの旧市街や小地区には、まだまだこういった天井を持つ家が多く存在する。それを下から眺めることも散歩の楽しみの一つだ。

Lapidarium3
去年の冬に移動されてきた。カレル橋袂に建つ橋塔にいた。現在、レプリカはまだ白々とした色で観光客を相手にしている。
Lapidarium4
カレル橋の一番古い部分がここにある。

Lapidarium5
その昔旧市街広場にあった噴水。

Lapidarium11
ヴァーツラフ広場からヴィシェフラッドから、更に、ここへと引越しを重ねるヴァーツラフさん。

Lapidarium6

Lapidarium7
カレル橋の像たち。これもカレル橋の像。
Lapidarium8
修復中…なわけなくて。
博物館の中に現代アートが展示されていた。
なかなかステキなコンビネーションだと思う。イタリア人とチェコ人の数名によるものだった。
これはチェコ人による作品。いつも何かしらの修復が行われているここではかなりウィットの効いたジョーク。わざわざ、観光客のざわめきの音声つき。

Lapidarium9

Lapidarium10


Lapidarium12


学生20コルナ。大人40コルナ。写真20コルナ。学生証なしでも学生料金でいれてくれた受付のおばあちゃんたちは親切。他にだれもいない館内で、いろいろと説明しにきてくれた。
プラハの街を知っている人のほうが楽しめる博物館である。個人的にはかなり嵌った。ここには、昔はこんなものが、というのもわかるし、いつも目にしているもののオリジナルをみるのも、興味深い。この博物館の建物自体もとても美しい。
…地球の●き方にも掲載されているけれど、何故か何が展示されている、などという詳細情報が書かれていない。(掲載されていること自体、今、確認したのだけれど…)プラハを訪れるのが3回目、なんてプラハ好きっ子は確実に楽しめるだろう。


この敷地はすぐ隣に広大な公園SAROMOVKA スタロモフカが広がっている。
STAROMOVKA
プラハの冬はすぐ近く。


【2007/10/07 23:23】 プラハを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
プラハを散歩する。
プラハを散歩する。

2月のプラハは美しい。
観光客が少なくなり、テラス席もクリスマスマーケットもないこの季節の旧市街広場などは本当に美しい。
今年は雪が降らなくて残念だけれども、その代わりにいつも、散歩できる。
散歩、それはプラハでの私の趣味だ。
今日は何をしようか、どこを歩こうか、と考えるほどに。
どんな小さな小道だって知りたい、そう思いつつ、ひたすら歩いてきたように思う。
思えば小さな頃から徘徊癖のある私、塾をサボってはひたすら歩いていた。その頃から夜の街を歩くのが好きだった。
さて、出発まで日もないある日、malostranské nám(カレル橋の城側の袂)に夜、立っていると突然、散歩をしようと思いたった。

praha1


praha2
カレル橋を越えて、

praha3

旧市街広場からマサリク駅masarykovo nádražíへ。

praha4


そしてžižikovまで。
震えていた去年に比べると今年はなんと暖かいのだろう。夜中の散歩まで楽しめるなんて。
【2007/02/15 23:36】 プラハを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<NEW | BLOG TOP | OLD>>
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。