椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
美味しい物食べると元気になるもんな。
ごはんの湯気が好きだ。
鍋の蓋を取ると、温かくほっこりとした空気が広がる。

今日から、春。

鍋


できる限り、「作業」を短縮することはできる。
コンビニの弁当を食べたり。インスタント食品を食べたり。
けれども、自分の体を作るのは、食べ物である。
細胞を作り、組織を作り、思考を作る。
インスタントの食べ物ばかり食べていたら、自分がインスタントな人間になっていくのではないだろうか。

私は殆ど、インスタント食品を知らずに生きてきた。
我が家にとって、「冷凍食品」は「以前作った冷凍したもの」だった。
とても、和食を作るのが上手な母で、その反面、洋食は、あまり上手ではなかった。
だから、私は、今でも、洋食よりも和食が好きだし、
パスタやラーメンは、長いこと美味しい物だと思ってもいなかった。
カレーは、母が居ない時の食べ物であり、好きだ、という人の気持ちもわからなかった。
会話がない家族だった。
けれども、同じごはんを食べるということが、家族の繋がりだったように思う。
親はごはんと子供を作る。

最近、インスタントのものを食べるとケミカルの味を感じることがあり、益々苦手になってきた。
日本においてすら、居酒屋の味付けを濃いと感じるようになってきた。
イベント的感覚で楽しむことはできるのだけれどもな。





【2012/02/04 23:23】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
チーズとハチミツ
この10年で確実に、地球は小さくなった。
インターネットが一般に普及する以前は、世界は手紙と(料金の高い)電話で繋がっていたのだ。
大切な人が国境から遠くにいる人は、それを切に実感しているだろう。
そして、「WEB上のサービス」というものが出てきたために、かなりの産業が形態を変えることを余儀なくされたし、
個人の生活に於いても何の変化もなかった者のほうが少なかったのだろうと思う。

Osteria ai Galli

日本を離れたばかりの頃、
トラブルでインターネットが繋がらないととても不安になったものだった。
たかだか数年の間に、相当依存していたのだろう。
そして、また知らない土地で、繋がっていられる何かが必要だったのだ。
...現在では、携帯電話すら忘れて出かけてしまうことが多々ある。
とほほ。


余談であるが、情報弱者という言葉があるとすれば、
私は間違いなく、それに該当する。
TVは持っていない。
そして、自分が居る地域の言語を完全に理解していない。
それは大きな理由になるだろう。
けれども、さりとて、困ったと、とりあえず感じてもいない。
知らない、ということは、けして、悪いことではない。
沢山の情報に流されるというのも、それはそれで居心地の悪いものであろう。

ともあれ、繋がって居たいと思う人には、すぐ簡単に連絡が取れるということ、
世の中が「簡単」に「便利」になったことは間違いない。
何が言いたいかと言えば、友だち、が、帰国するということ。

今日も、イタリアン美味かったな。
チーズとハチミツのコンビネーションは絶品。


【2012/01/19 23:23】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
時間貯蓄銀行も悪くない
もらいました。


何と言ったら良いのだろうか。
一冊の本によって、本の著者ではなく、その持ち主をわからせてしまう、そんな体験をしたことがあるだろうか。

そして、あの狭い納戸や、光の当たる、けれどもやはり、狭い部屋を思い出した。
国道沿いの騒々しいはずの場所に、閑な空気が満ち、時間を止めていた。
時には冷たく鋭く、時には柔らかな暖かい光のように。
あの狭い空間を満たしていた書物が私を作ったのだ。
久しぶりに触れた空気が懐かしくて、一気に読んだ。
そう、時間を止めることができたのは、私自身だったのだ。

「読んでね」、と貸してくれた人の顔が浮かぶ。
彼女と私は、思っていたよりも更に近いところにいるようだ。




【2012/01/15 15:15】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
Door to door
my home

Door to doorで18時間。

昔、北海道の実家まで東京から帰るのに、24時間くらい掛かった、という人がいた。
地球は小さくなった。
けれど、今でも、900km南のボスニアまで行くには10時間近く掛かっちゃったりもするものだけれど。

この家で朝を迎えたのは、まだ1ヶ月にも満たない。
けれど、ここが今の私の家だ、と、冷蔵庫の上の彼が云う。
彼がいる場所が私のホームになり得る。

ちなみに18時間はカヤックを使用した場合ではありません。




【2012/01/02 23:23】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
Vaclav Havel
Vaclav Havel


ふと、今日しか、今しか時間がないことに気がついて家を出た。
私は、この国の国民ではないけれども。





【2011/12/18 23:23】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
引越
New my home

引越。

2年と10ヶ月。
いろんな人と出会い、いろんな人が遊びに来てくれた。
次の家も、いろんな人が、ゆったりできるような、のんびりとしたスペースに。




【2011/11/27 23:23】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
到着
Rybnik

そして、休憩。


「付け加えれば 水音が眠らせない思い出が其れから其れへ」




【2011/09/25 23:07】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<NEW | BLOG TOP | OLD>>
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。