椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
11.03.2011
会社に着く前に友達から電話あり。
慌てて、家に電話した。

最初に観た映像はBBCだった。
作り物のような映像を同僚がCGかと問う。
いつもは観れない、日本のTVをUstreamで観る。

被害がどれほどのものか、全貌が掴めない。
一晩経って、被害状況がわかる、という小さなものではないことがわかった。

夜、地震速報を見て、怖くなって、実家に電話した。
日本は早朝。
呑気な声と、携帯の地震速報が煩くて眠れないと言う。
ああ、今は携帯で知らせてくれるんだ、と一安心。
小さな愚痴。
こちらが状況が掴めないように、向こうでも状況は掴めないのだろう。
若しくは、実感がわかないのだろう。



情報がないと落ち着かず、情報があっても何もできず。
本当の状況など分かりはしないのだ。
ただ、手に入るのはマスコミとネットによって熱気を帯びた情報のみ。
いつもよりも冷静で居られないのは、災害の規模によるものなのか、肌で空気を感じられないからなのか。

私は、ここで働くことしかできない。
フライト・スケジュール遅延の連絡が来る。
顧客のチェコ人は「家は大丈夫?」と問うけれども、
「有難う。大丈夫だよ」と答えつつも、生産に間に合うかのほうが気になる。
東証は、閉会しない。
ここで閉めたら、日本はダメだと認めることになる。
通常通りに仕事すること、それが今の私がすることであり、
それ以外、できることはない。

夜、久しぶりに人とごはんを食べる。
笑うと頬が痛い。



【2011/03/16 20:47】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<N/A | BLOG TOP | 第六章 雪>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/746-8d5a5fbe


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。