椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
コピ・ルアック
ちょっと珍しい相手と珍しいコーヒーを飲みに。

コピ・ルアックという名前を知ったのはベタに映画からだった。
味は兎も角、その生産方法から稀少価値があり、
そのための価格設定、ということで正直、期待していなかったのだが、
時間が経つに従って、変化する味が興味深い。
次第に立ってくる酸味。

コピ・ルアック

この国では珍しい、コーヒーを飲むためのコーヒーに、食材から拘りを感じる食事。
器の裏を見るなんて、久しぶりだ。
そして、自分が乾燥していたことに気づく。
道楽と言ってしまえば、それまでだけど、
自分が口に入れるもの、自分を形成するもの、を気をかけるのは当然のことで、
美味しい物を、気に入った器に盛れば、更に美味しく思える。
ここからは、既に自己満足の問題。

映画の中では、このコーヒーの名前は「コーヒーが美味しくなるおまじない」だったけれど、
一番大事なのは、「誰か」と一緒だから美味しくなる、ということだ。
うちの母は、ごはんに拘る人で、一緒に食べないときも、傍にいることが多かった。
いつも楽しい食卓だったわけではない。
会話もない日も多かった。
それでも、基本姿勢というものが大事だと思う。

…たまに一人で好きなだけ、好きなものを食べたいときもあるけれども。
一人で好きなだけ呑みたいときもあるけれども。

滅多に会わないからこその、ぶつかったトーク。
愚痴というよりも、ディスカッション。
結局は、コーヒーからワインにシフト。

【2011/01/13 23:45】 プラハを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<冬の気持ち | BLOG TOP | 散歩>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/742-7b18ead6


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。