椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
この街の大衆音楽
バーがボールを弾いた。
何とも言い難い気持ちとチケットをポケットに入れて。

チェリー




キッズに夢を与えるのがパンクだから。
過剰すぎるサービスを彼らは忘れない。
そんな人の話を一つ、知っている。


---
Another turning point
A fork stuck in the road
Time grabs you by the wrist
Directs you where to go
So make the best of this test
And don't ask why
It's not a question
But a lesson learned in time
It's something unpredictable
But in the end is right
I hope you had the time of your life

So take the photographs
And still frames in your mind
Hang it on a shelf in
Good health and good time
Tattoos of memories
And dead skin on trial
For what it's worth
It was worth all the while
It's something unpredictable
But in the end is right
I hope you had the time of your life

It's something unpredictable
But in the end is right
I hope you had the time of your life

Green Day「Good Riddance (Time of Your Life)」
---

人が感動するのは、演奏技術でもトリッキーな曲構成でもない。
何かと問われれば、言葉にすることは難しいけれど、
ありふれた生活の中に幸せが落ちているように。
幸せの形が人それぞれ違うように。
それでも、最大公約数の幸せにあうものが「売れる曲」に成り得る(ことが多い)。
「この街の大衆音楽の一部であることを誇りに思います。ありがとう」
そんなことを言って泣かせてくれた人のことを思い出す。

ライブが終わる頃には、幾分消化された気持ちで帰路に着いた。


【2010/06/29 23:53】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<20歳を過ぎたら | BLOG TOP | PK>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/707-123231a8


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。