椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
梅が咲いて
母から、私の梅が咲いた、という便りが来た。
ピンボケのデジタルデータ。
暖かい彼の地では、梅が咲く。
1年前に見た、梅。

やってきたのは、10日以上遅れてやってきた涙。
正常な自分に、ほっとする。

一年前の春を想う

1年前の今、自分のこれからを神様に預けたような気持ちだった。
それがあっという間に地上に引き戻されて。
また、放りだされる。
1年前と、あまりにも変わってしまった環境に、また同じような気持ちにはなれない。
少なくとも今はまだ。

15のとき、15の私は、今とそんなには変わらないだろう。
私は15の自分に伝えたいことなんて、ない。
もうすぐ、倍の年数を生きようとしているけれども、15の私は知っていた。
大人が本当は大人ではないということを。
小学生からみれば中学生は大人。でも、そうじゃなかった。一生、そう思っていくのだろう、それがわかったのが中学生の終わりの時期。

「今 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は
自分の声を信じ歩けばいいの
大人の僕も傷ついて眠れない夜はあるけど
苦くて甘い今を生きている

人生の全てに意味があるから 恐れずにあなたの夢を育てて
Keep on believing

負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は
誰の言葉を信じ歩けばいいの?
ああ 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は
自分の声を信じ歩けばいいの
いつの時代も悲しみを避けては通れないけれど
笑顔を見せて 今を生きていこう
今を生きていこう

拝啓 この手紙読んでいるあなたが
幸せな事を願います」

正直に言って、青臭い。
若い私は青臭さが好きじゃなかった。
そして、今もなお、苦手だ。
ストレートにそう思えない自分が、なんだか後ろめたさを感じるような、そんな心にさせられる。

自分の言葉を信じれば良いのではない。
自分の言葉しか信じられないのだ。
一番辛いときは、育てるべき夢がないとき。
信じるべき自分の言葉がないとき。
そして、それをやり過ごしていくものだとわかっているとき。

15の私が悩んでいたとしたら、今の私は何も言わない。
大なり小なり、悩みがないときなんてないのだから。
悩みがない人生なんて、きっと退屈。
悩んでいるのだったら、悩めば良い。乗り越えなければいけないのだとしたら。
今の私は、そんな自分を甘やかしたくはない。
30の私が15の私を見たら、ただ眺めるだけ。


梅が咲いて。
木瓜も好きだった。
桜は、まだ咲かないか。
あの、桜が見えるところに行きたい。



「拝啓 この手紙読んでいるあなたは どこで何をしているのだろう

十五の僕には誰にも話せない 悩みの種があるのです

未来の自分に宛てて書く手紙なら
きっと素直に打ち明けられるだろう

今 負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は
誰の言葉を信じ歩けばいいの?
ひとつしかないこの胸が何度もばらばらに割れて
苦しい中で今を生きている
今を生きている

拝啓 ありがとう 十五のあなたに伝えたい事があるのです

自分とは何でどこへ向かうべきか 問い続ければ見えてくる

荒れた青春の海は厳しいけれど
明日の岸辺へと 夢の舟よ進め

今 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は
自分の声を信じ歩けばいいの
大人の僕も傷ついて眠れない夜はあるけど
苦くて甘い今を生きている

人生の全てに意味があるから 恐れずにあなたの夢を育てて
Keep on believing

負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は
誰の言葉を信じ歩けばいいの?
ああ 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は
自分の声を信じ歩けばいいの
いつの時代も悲しみを避けては通れないけれど
笑顔を見せて 今を生きていこう
今を生きていこう

拝啓 この手紙読んでいるあなたが
幸せな事を願います」

アンジェラ・アキ「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」

【2009/02/04 01:44】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
<<ヒステリー | BLOG TOP | 冬の足元>>
この記事に対するコメント
信じるほどの言葉もない自分、なので・・・
ていうか自分の言葉を信じられるようになる日なんて来るのか?

というのが30年で思い知ったことです。
ああ、30年・・・

15歳で人生悩んでいる子にあえていうなら。
ケ セラ セラ。
【2009/02/04 09:15】 URL | リコ #oc7bCCkw [ 編集 ]
>リコへ
え?私は自分のこと(言葉?)は信じてますよ。えっへん!
いつも「ま、なるようになるさ~」「仕方ないさ~」って(笑)。ケセラセラってスペイン語だっけ?

15歳で信じるに足る自分の言葉はないでしょー。若干15にしてあったら、本当に怖い。でも、ま・15歳には15歳の悩みがあるさ~、しかし、30歳の自分だったらそれを笑うくらいになってないと、マズくないかい?
この歌、メロディはそれなりに好きなんだけど、歌詞を見ると気恥ずかしすぎる。気恥ずかしいのに、今、自分ヒットしてて「恥ずかしー」って思いながら聞いてるのさ。

スペインのこと、書こう書こうと思っておりますよ。遡って書くよ~。
【2009/02/04 14:00】 URL | >リコへ #RVrSGgmE [ 編集 ]
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/556-ccfa565b


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。