椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
クリスマス・マーケット2008 Vánoční trh 2008
気づいてみれば、今年はクリスマス・マーケットを全然覗いていない。
来週末には旅行に行き、帰りはクリスマスが終わった後。
毎年同じ、そう思いながらも、散歩に出てみた。
今年のツリーの色は何色だろう。

Vanoce08 1

マーケットは街中に幾つか立つけれど、私が一番好きなのがここ。
センターと住居区画の間に位置するこの広場。

Vanoce08 3

ローカル色溢れるイベント…。区内の合唱団とかだろうか…?
歌うのはチェコのクリスマス賛美歌。

毎年同じようなマーケット。旧市街とヴァーツラフ広場はいかにも観光客向けのマーケット。
そんなことを思えば、、既に何回も見ているクリスマス・イベントに足を運ぶ気持ちがどうしても薄れる。
この広場には観光客は少ない。従って、観光客向けのものも少ない。

Vanoce08 2

クリスマス・マーケットはスヴァジャークとメドヴィナ(ホットミード)。
寒いなかで呑むからこそ、美味しいのだろう。…寒くてもビールを呑む人も多いけれど…。ちなみに、私はグロッグ派ではない。

スヴァジャーク(ホットワイン)を呑みながら広場を眺める。
毎年同じ、だけれども、楽しそうに笑う人たちを見ながら、毎年同じだから、いいのかもしれないな、と思う。
私は日本人として生きてきたので、クリスマス、というイベントには、あまり厳かな気持ちにはなれない。1年の区切りはやはり、どうしたってお正月だ。
キリスト教徒の人たちはどういう気持ちになるのだろうか、と思う。クリスマスには家族でゆっくりと過ごし、お正月は友達と騒ぐ、というスタイルからすれば日本の逆なのだけれど。信仰心の強くないこの国の人たちだって、生きてきてからずっとこの習慣のなかに浸かっている以上、何か私とは違うように捉えているはずだ。

日本にいたときにもクリスマスシーズンは好きだった。人々がウキウキしているのを見るのが好きだった。でも、今思えば、あんなにも加熱するクリスマスである必要はない。
今の私にとって、クリスマスは心が暖かくなる人と一緒に過ごしたい日だ。
家族でも、友達でも、パートナーでも。
本当に小さなものでも、良い。プレゼントを用意できれば、それも良い。
私の実家はクリスマスというイベントには全く関係がなかった。24日の日、アルバイトでチキンを売って帰ったら、食卓に並ぶのはカレイの煮物、そんな家だった。
でも、今、一緒に過ごせるなら、ちょっと、素敵な料理とワインを並べたい。
そういうことが苦手な父は渋い顔をするだろうけれども。
スパークリングで乾杯して。
子供みたいに、24日の夜までプレゼントを隠しておきたい。
もう、そういうことをして良い歳になったと思うから。

Vanoce08 4



Vanoce08 5

観光客溢れる旧市街広場。
今年のツリーは…なんか変。
光の雫が下にむかって流れている。
しかし、その横に見えるボールは去年のものを化けさせただけじゃないのか…?
クライシスの影響?とは思えないけれど。

Vanoce08 6

このスケートリンクも毎年恒例。


【2008/12/14 23:15】 チェコで暮らす | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<クリスマスにはクッキーを | BLOG TOP | 今年のクリスマス>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/553-8d69b6e2


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。