椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
確かなものは自分の気持ちだけ
千倉にて

いつも帰国の度に過ごす時間が少なく、申し訳ない気持ちになるけれど、
それと同時に、もう少し現実や子供の気持ちを考えて欲しいと思う。
親はいつまで経っても親というけれど。
私の家族は昔から人との距離の取り方が下手すぎる。

一年間分、サザエの壷焼食べた。
大好き。

日本に滞在している間に、ユーロの価値が下がっている。
「暴落」と言うにふさわしい、下降線をたどっている。
アメリカドルも、ポンドも。そしてチェココルナも。
一部の投資家を除けば、それほど影響を及ぼさないのであろうけれど、チェコで働いて、チェココルナで給料をもらっている私にとっては。
日本円に換算した私の給料の価値は、この数日で変わりも変わった。
折りしも、日本にいるというのに。
毎日、チェックをせずにいられなかったレートが、この日1コルナ47.9円を指した。
2ヶ月前は7円以上を指したときすら、あった。

「確かなものなんて、何もない」
そんなことを最近、考えていた。
私が生まれてから、今まで、たかだか数十年。
バブルに不景気。壁がなくなって、飛行機が突っ込んで、そして世界のどこかで幾つかの戦争。
その度ごとに尻軽に変わる状況。
半年先に何が起こるのか、私には読めない。
数ヶ月前に「気持ちなんて、そんな不確かなもの...」と私に言った人がいたけれど、
「確かなものなんて、何もないこの時代に、確かなものは自分の気持ちだけ」
そう、思っている。

一日の終わりに、その日起こったことで嫌なことを笑う、と言うことを何かからインスパイアされた、という友人がいる。
「一生保障されているモノなんて無いな。無いなら好きな事すべきなんかな。こんな時代に生まれて運がいいわ!なんてスリリングな人生!」
こんな言葉が返ってきて、思わず一人で笑った。


それがもう、わかっているから。
だから、こんな夜は、ウィスキーとともに呑みこんでしまえばいいんだ。





【2008/10/24 19:07】 日本での記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<日本で旧友と | BLOG TOP | 東京駅から街を眺めて>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/539-4299f8de


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。