椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
一日のサイクル、一生のサイクル
stromovka park3

生きている限り、歓んだり、落ち込んだり、そんなことの繰り返しで。
わかっているはずなのに、わかっているからだろうか、詰まらないことで感情が動く。

昔と違うのは、必ず、先には光があると信じられること。
夜は明けないんじゃないか、と思ったこともあるけれど。
でも、違うのだ、と今は言える。
必ず夜は明けて、朝がやってくる。
そして、それと同じように夜はまたやってくる。
考えてみれば当然のことなのに。
明けない夜はない。
そして、それと同じように夜はまたやってくる。
そんな簡単なことに、なかなか気がつかなかった。

辛いときには誰かにすがりたくて。
すがることができないなら、いっそのこと手を離してしまいたくなるけれど、
傍で支えてあげられないのならば、いっそのこと手を離してあげたほうが楽になるのじゃないかと思いたくなるけれど、
それすらも自分の弱さであるとは薄々は感じていて。

繋がることにすら臆病になりつつも、伸ばそうとした手を見なかったことにされても。
朝が来るから夜があるのだ。
そのことがわかっていれば、やりすごすことができる。
伸ばした手の先にいる人は、そのことすら忘れてしまうほど追い詰められているのかもしれない。
「そばにいる人間が揺らいだら、おぼれている人間が掴まるものがなくなってしまう」
だから私は揺るがない。



【2008/08/26 19:40】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
<<40年後のチェコ | BLOG TOP | プラハの芸術>>
この記事に対するコメント
すてき
あぁーすてきな写真だなぁ。美しい逆光。私もチェコに写真撮りに行きたいーーー(笑)

若菜さん、芯が太くなったようで、カッコイイ。
上手に文章にはできないけど、共感してます。明けない夜はない。
でも同じようなことが起こって、はたして耐えられるのか、私は微妙です。

またメッセンジャーでお話しましょうー。むしょうにそんな気持ちです。
【2008/08/28 10:04】 URL | さやか #tHX44QXM [ 編集 ]
>さやかさん
ありがとう~。でも、本当はもっともっとキレイなんだよー。もーこの美しさは写真では絶対に(私には)写せないって思いながら撮ったんだもん(笑)。

太く...うーん、もう歳だしねえ...。ちょっとは大人にならないとね。ちなみに、いろんなとこが太くなってきました。えへ。
明けない夜はなくて、夜がこない朝もない。って自分に言い聞かせているとこもあるかも。でも、ぼんやりしてれば、何でも通り過ぎていくような気がするのサ。

私もお話、したい!!…時差があって申し訳ない~。
【2008/08/29 14:55】 URL | >さやかさん #RVrSGgmE [ 編集 ]
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/521-24584985


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。