椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
でも、どうしようもなかったんだ。
TO MY DEAR


智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角この世は住みにくい。

どんな風に生きても全く負の感情を浴びないですむような方法はない。
とはいえ、夏目漱石のように鬱々とした思いではなく、
この歳になったせいなのか、もしくは色々な時間を過ごしてきたからか、仕方なかった、と思うことが多い。
諦観、これが私が最近身につけた処世術だ。
前向きでも後ろ向きでもなく、ただ事実としての「他に仕方なかった」だ。
そんなに悪いものじゃない。

最近、思うのは「許す」ことの難しさ。

私は今、ただ待つしかなくて、それでも忘れないで欲しい。
人それぞれ、大変なことはある、ということを。他者を羨むばかりでそういう面に目を向けなくなることは自分で自分のハードルを高くしていることを。
それを含めて自分を守る、ということの意味を。
そして君はとても可愛いということも。

もし君がこれを読んでくれているのなら、
私はずっと待っていることを忘れないで。
君が隣にいない春は淋しい。

春が終わって、私はまた一人ぼっちの場所に戻らなければならないというのに。




【2008/04/01 23:12】 日本で独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<筍を食べに。 | BLOG TOP | 地元>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/492-f2cca84e


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。