椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
17.06.06 The Causeway Coast→Derry→Galway
Giant's Causeway 8
今日の朝ごはんもアイリッシュ・ブレックファースト。美味い。
意外にもダイニングは重厚な家具が置かれてる。

Giant's Causeway 6
バス停で待つが、バスはやってこない。もうこの地の果てには用はないのに。
今日は一気にゴールウェイまで行ってしまおうというのだ。ハードスケジュール。

アイルランドの電車
Derryまでは電車で。なかなか快適。車両が綺麗、清潔。
この街で、ゴールウェイ行きバスに乗り換える。インフォメーションにてバスの確認、ゴールウェイの宿も確保。国が違っても同じように情報も置いてあり、取り扱ってくれる。
ついでに荷物も預かってくれた。優しい...。
バスの時間まで数時間ある、少しだけこの街を散歩してみることにした。

Derry 1

Derryはアイルランド唯一の城塞都市だという。
小高い丘の上に城壁が残っている。

Derry 2
こんな落書きが目に飛び込んできた。
...。ノーコメント。

Derry 4
Derryの紋章。可愛いのか、シュールなのか。

呑気にカフェに座っていたら、バスの時間が近づいていた。
ここからGalwayまでは遠いのだ。4、5時間だろうか。これを逃したらバスはない。

Derry 3

走る。



バスの窓からは、いつまで走っても変わらないのではないだろうかと思わせる景色が広がっている。
途中、休憩でスライゴーで降りる。
ポテトチップスを買おうとして、もうポンドが使えないことに気づかされた。いつの間にか「アイルランド共和国」に入っていた。


Galwayに着くと外は既に暗く、おまけに雨まで降っている。早くB&Bに行くべきなのだろうが、とりあえずパブに入る。しかし、残念ながらそこは食事はとれなかった。代わりに音楽を演奏していた。アイリッシュ・フォーク。演奏はとても楽しそうで良かったが、腹は膨れない。...しっかりビールは呑んだのだが。

仕方なく、酒屋でアルコールを更に買いつつ、そこで摘めるものを買う。もののついでに、とB&Bの場所を尋ねると、電話してくれた。
今日も、お迎えの車が来てくれることになった。
ありがたい。


【2006/06/17 23:02】 チェコから海外へ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<18.06.06 AranIsland | BLOG TOP | 16.06.06 Belfast→The Causeway Coast The Causeway Coast編>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/473-7d6863c5


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。