椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
スターバックスがやってきた。
プラハに住む人たちのなかで、去年からポツリポツリと話題になっていた「プラハにスタバが来る」。
「いつ来るの?」「さあ...来年...のいつか。」という会話を何度繰り返した。
ようやく第一店目の報の詳細を入手。

starbucks1
Malostoranské nám。
元イタリアレストランがあったところ、と言えば、わかる人にはわかるだろう。
プラハ城の下、そしてカレル橋の近く。観光地の真ん中だ。
iDNESなどチェコの新聞では初号店は秋に新しくできたショッピングセンター・Palladium パラディウムだと一時は報道された(12月終わりの時点で)けれど、結局ガセ。確かに、第一号店がショッピングセンターの中だとはインパクトが少ないとは感じていた。
na konci ledna、つまり今月の末にオープンになるとか...。

starbucks2
懐かしいこのマーク。資本主義が一つやってきたような気になれる...。
店員募集中。

このアメリカ資本のコーヒー会社、ここではポーランドの会社AmRestの協力のもとに経営していく模様。去年の5月の時点で両会社がサイン。この会社はケンタッキーやPizzaHut、チェコにはないけれどバーガーキングなどを持っている大会社。
1月8日発表のオフィシャル情報によると、中欧・東欧の一号店をプラハと発表(...ウィーンは中欧のカテゴリーには入らないのだろうか?)。ポーランドの会社なのにも関わらずポーランドは未だオープンせず。

プラハはカフェ文化の街。
スタバのようなチェーン店が来るのは賛否両論あるが、同じくカフェ文化の街ウィーンでは禁煙者の間で人気だときいた。チェコでも第一号店は観光地の真ん中ではあるが、そのような方向で進んでいくかもしれない。
何と言っても、プラハのカフェはよく言えば「古きよき時代のカフェ」。一口に言えば、タバコの煙が立ち込めるカフェなのだ。

と言っても、スターバックスなんて知らない、という人が圧倒的に多いチェコ人。事の成り行きを楽しみにしているのは外国人ばかりかもしれない。



【2008/01/11 23:06】 チェコで暮らす | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<煙草と珈琲と | BLOG TOP | お正月も過ぎて>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/463-094d521e


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。