椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
Dresdenへ ビザをとりへ
ドレスデンにビザを取りに行く。
受け取りは11時までに行かなければならない...ということは即ち、6時台の電車に乗らなければならない。
10時すぎにはドレスデンに付き10時半前にはビザを手にすることができた。
元々、ビザができた、というメールをもらったうえで来ているわけだけれど、手にするその瞬間までは安心できない。今年、東京でビザを発行してもらった人が痛い目にあっているのを知っている。

ほっと安堵して、とりあえず街の中心へ。
教会に入り、休憩。
お昼にはまだ早い。なんというか、時間が中途半端。
早くもレストランを物色しよう試みるも、建物の中が小さなモールになっているのを発見。雑貨屋さんやら、デリやら、クリスマス用品の店やら。
西側の空気を吸い(...ドレスデンは旧東だけれども)、シュトーレン(ドイツのクリスマス菓子・ドレスデンが有名らしい)を買うべきが迷いながらも、結局買わず。
ランチは危険なイタリアンを選択。
しかも、スパゲッティ。
が、ちょっと麺が太いものの、美味しかった。
ズッキーニとムール貝のスパゲッティ。
ズッキーニが、美味しい。
海外で食べる野菜は瑞々しくて、とても美味い。
チェコは乾燥しているし、太陽の日射時間が少ないのが原因だろう。ワインに当てはまることが野菜にも言える。
ビザのために来ている、という気分からか、無事に受理できた安堵からか、つい、長居をしてしまう。ビザはもらえたけれど、休みあけの月曜日には外国人警察に登録に行かなければいけないとおもうと、完全には安心できない。そんな気持ちも大きいのかもしれない。
結局カフェも頼んだ。

Dresden twice

広場の工事。このキャラクターよく観る...。工事会社?それとも警備会社?
街の中心部の広場。いつ、工事は終わるのだろう。いつ、始まったのだろう。
3回目になるドレスデン。
多分、もう来ないだろう。

漸く思い腰をあげ、友人たちは、ツヴィンガー宮殿の美術館に行き、私はドレスデン城の美術館へ。
何があるのかあまり知らずに行ったのだが、なかは螺鈿や象牙でできたミニチュア細工。なかなか私好みだ。
美術館でもなんでも、入ればじっくり観るのがすきなのだが、どうもなかなか精力的に行こうという気にならない...。

前回と同じように、スーパーを物色。
あんまりお腹のすいていない私は、駅のパン屋さんでクロワッサンを購入。
またも、電車のなかでビールの栓を抜く音を響かせてしまった。
周囲にいたのは英語人たち...そして彼らもビールを買いに行った。

【2007/11/23 23:30】 チェコから海外へ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<外国人警察 ビザ受理後は登録へ | BLOG TOP | Auschwitz>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/450-bee872f8


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。