椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
ベルギー1
ベルギーにいる友達のところに遊びにいった。
最近疲れているとこに、チェコ特有の嫌なことがちょこちょこと起こり、気分が落ちていたので、リフレッシュを。
結果。
…チェコに戻り、比較してしまい、更に微妙な気分に陥っている今日この頃である…。
やはり当然だが、面積は同じように小さくても先進国は全然違うのだ。
更に、ありがちながら今更になってブリュージュの情報、日本語の本が手に入る本屋があることなどを知り、落ちる…。
ブリュッセルに住んでいる日本人の方は「こんな所、小さくて何もない」って思っているのだろうと思う。上には上が、下には下がある。

金曜の夕方にブリュッセル空港に着いた。友人が迎えにきてくれている。
…実は一週間もタダで滞在させてもらうというのに、手土産も何も持っていかなかった。…チェコで何か、と思うものがなかったのだ。えへへ、ごめんね。
好意に甘えて居候させてもらったので、宿代タダ。今回は飛行機で行った(行けた)。
さてこの友人。アイルランドで出遭ったフランス人だ。
アイルランド時代に文明水準が同じ、ということで気を使いすぎることなく意見を交換できた相手。私とほぼ同じ時期にアイルランドを離れベルギーに転勤になった。
ベルギーに来て間もない、出張でいないことも多い。ということで、一緒に観光もし、新しいレストランを開拓し、楽しんでくれた。

家について、近況を話しながら、簡単にパスタと先日作ったというパンプキンのスープを食べる。ワインは勿論、フランスワイン。
「昨日、ワイン講習会に行ったんだ」。「こう色を見て…」と始まる…。
「ワインはフランス人には大事なんだよ!」
このワイン、その講習会での残りらしい。まだ、若い、と言う。「あと10年後くらいが呑み頃なんだよね」…それって、けっこう良いワインなんじゃないのか?
チェコでのワインに慣れていた私は…いや、ワインってこういう味だったよね…と思ってしまった。
チェコのワインも悪くない。でも、完全に違う。
敢えていうなら、チェコワインの赤はドイツワインの白が赤になったような味なのだ。寒い、環境の良くないところの良いワインの味だ。
ワインの話をひとしきり。

アイルランドのフランス料理は美味しくない、と言って、インド料理やら中華料理に一緒に行っていた私たち。初めての手料理のパンプキンスープはかなり美味しかった。
そして…キッチンには私の持っているのと同じ型の炊飯器が…。
滞在中、私は友人の食に対するこだわりを何度もみた。
そういえば、奴の好きなことは「ごはんを作ること、食べること」だった。
そうだった。

【2007/10/26 23:59】 チェコから海外へ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<ベルギー2 Bruxelles ブリュッセル-1 | BLOG TOP | オークション>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/439-eaf0e8f2


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。