椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
オークション
生まれて初めてオークションと名の付くものに参加した。

プラハの芸大で行われていた展示会のあとのものが即売に出されるというので行ってみた。
「Husákovo 3+1 Bytová kultura 70.let」
70年代のチェコのフラットでの暮らしを再現した、というもの。日本でも時折見かける、昭和再現、などと同じようなものだ。
だが、ここチェコでは70年代は社会主義。その時代に建てられた今では皆が口をそろえて住みたくない、というパネルハウス・アパート(通称パネラーク)の生活を再現したものなのだ。…当時はこのアパート群、セントラルヒーティングでいつでも暖かいお湯が出るということで人気だったと聞いたが…真偽は不明。間取りは3+1、部屋が3つにキッチンリビングが一間。これが一般的なパネラークの作りなのだろう。
さすがにその展示会のものとあっては現代2007年からすれば、チェコにおいても失笑のものばかり。…チェコでもこういう企画をやるような時代になったんだな、と思いつつも、まだ早いのではないか、と思ってしまった。まだ実際に使っている人たちが多すぎる。

さて、私の目当てはこれ。
オークション1
ドイツ製。と言ってみるものの、DDR製。プラスティック。
洗って電池を入れて。ちゃんと動く。
事前に、「まだ動く?」と確認してみたけれど「多分、電池を入れれば」と確証がなかっただけに
動いたときは嬉しかった。
オークション2
ついでにこれ。
オークション3
ティーセット。6セット(また、ティーポットもワイングラスも手に入れずに余分なものを…)
所謂、社会主義時代の粗悪品で、混ざりけのある陶器。
開催者側のお姉さんも欲しかったそうで「これいいよねー。あなた、どこから来たの?東京?これが東京で使われるのねー」と言っていた。…誰も落札しなかったら、持ってかえるつもりだったんだろう。

一緒に参加した友達も時計と雑誌とショットグラス(これは型などで一気に作るガラス製品らしい)をGET。彼女はどんどん値段を吊り上げられてた。
大体、企画自体もジョークなら、参加しているほうもジョーク。「…アンタ、欲しくて手あげたわけじゃないでしょ?」と言いたくなるような人が面白半分に値段をあげてみたりする。
オークション4

オークション5
開催者も爆笑、参加者も爆笑、観客(参加せずに見ているだけの人も多い)も爆笑。
下らなくて、それでいて意義があるようで、面白いオークションだった。

何人かの人に「どこから来たの?」と聞かれた。「日本」と答えると、「日本からだったら本当に珍しいでしょう」と言われる。
私はこのちょっとダサいような共産デザインが割と好きで。
要は「ダサ可愛い」。
今のチェコの若い人には、まだわからないろうと思っていたこのセンスが、やはりアートに興味のある人にはわかることいも安心しつつ、
まだ大半のチェコ人ががそんなふうに捉えることができず、そして客観的に捉えることが出来ない限り、まだその渦中にいることすら気づいてないように思う。
決してカッコいいと思っているわけではないし、家の中全てがこれだったら気が滅入るだろうと思う。どこの家にいっても同じものがあり。同じ間取りで。同じ製品。質が良いとはお世辞にも言えない。
それが嫌だという気持ちもわかる。
それを思い出したくないという気持ちもわかる。
では、今の状況は何なのだろう。
お洒落を気取っているところも、そこらへんの急ごしらえのホスポダも皆、IKEA。何が変わったというのだろうか。
私はIKEA製品を見るのもうんざりしていた時期がある。
IKEAがあり無印がありフラン・フランがあり…数多ある中から選ぶことができる、それが資本主義であり資本主義とは競争主義なのだと思う。
私が来て僅か2年間の間にJulius Meinl ユリウス:オーストリア系、Delvita デルビタ:ベルギー系、Carrefour カルフール:フランス系と次々の外資のスーパーマーケットがチェコから撤退している。どこもかしこも、Tesco テスコやArbert アルベルト。
競争の結果の撤退には思えない。マーケットにならないが故の撤退。
ユーロ圏の中で労働時間が長いことだけを主張する彼らの仕事内容、仕事のしなさ。資本主義、というものが何なのか、わかっていない。
「日本人はどうしてそんなに仕事するんだ?」という彼らは、日本の経済力の裏にあるものがわかっていない。
それが資本主義だ。

【2007/10/22 22:24】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
<<ベルギー1 | BLOG TOP | 蚤の市>>
この記事に対するコメント
イケアってさ、国中一緒どころか、世界中で、アメリカでもヨーロッパでも中国でも日本でもおんなじ物が使われているかと思うと、空恐ろしくなるよ。それがグローバリゼーションってことだろうけど。

あと私の疑問は、ドイツは日本よりぜーんぜーん労働時間短いのに、経済世界第3位の地位を維持していること。みんな5時に帰ってあんなに豊かなんだから、日本はどっか学ぶべきことがあると思う。。。
【2007/11/05 14:31】 URL | かよ #k8hoI9U. [ 編集 ]
ホントだよねー。世界中おなじ物。…ちなみにアイルランドにはまだIKEAなかった。でも、日本にいたらこんなに、「またIKEAかよっ」って思わないで住んでいると思う。IKEA製品も悪いものばかりじゃないしさ。

日本ってさ、すっごく効率が悪い仕事・要領の悪い仕事をしていながら、個人レベルの力にものすごく頼っていると思う。休日出勤とか残業とか。皆が、わかってきているのに、なんでムダを省けないんだろうなって思うよ。
【2007/11/07 11:48】 URL | 若菜 #RVrSGgmE [ 編集 ]
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/438-b0d14716


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。