椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
PRAGUE FOOD FESTIVAL 2007
チェコは内陸国なので魚を食べる機会が極端に少ない。気をつけて摂取しないと体に魚が足りなくなるのが、わかる。(魚だけではなく味噌が足りない、野菜が足りなくなっているなどと体が訴える)丁度、先週それで、体が文句を言っているのがひしひしと感じられた。
折もおり、地下鉄で広告をみたPRAGUE FOOD FESTIVAL 2007という食べ物に関するイベントが行われるのを思い出した。調べてみると、グルメガイド本のイベントらしく、かなり良いレストランやカフェが出店している。
日曜日、気持ちの良い風の吹くなか(寒さは一休み中)ヴルタヴァ川沿いのカンパ島まで行って来た。

チェコ人は概してグルメじゃない人が多い。食べ物に関して興味がない。
「日本人の女の子は高いレストランが好き」と知り合いのチェコ人が言っていた。
美味しいレストランが高いだけなんだが…チェコはそこらへんのレストランが美味しくなさすぎるんだよ。(あと、日本人の女の子が行くくらい、綺麗(清潔)なところが高いんだよ。)
第一、チェコ料理は美味しいとか美味しくないとかそういった問題以前に、私は続けて食べられない。重たすぎる。これを3食ガッツリ食べた日には必ずお腹を壊す。
そして、まだまだ、鎖国からあけて間もないチェコは海外の料理に対して食わず嫌いも多い。そして、勘違いも多い。魚なんてその最たるものである。
「魚は臭い」
…確かに肉とは違う匂いだが…。チェコで一般に見られる魚は、たまにスーパーで見かけることができる魚は…ハッキリ言って私は食べたくないよ、と言いたくなるような品質だ。確かにこの魚は臭うだろう。魚は臭い、というよりも、臭い魚しか見たことないに違いない。

余談だが、チェコ人に「カルボナーラ」を作ってあげたことがある。
言わずとしれたパスタである。イタリアン。生クリームソース。
…彼は味見も何も一口も食べるまえに、ケチャップをかけた。
白のクリームソースにケチャップ。見ただけで気持ち悪い。
大喧嘩。
自分が作ったものに対して、そんなことをされるのも許せなければ、それを事もあろうに彼は「これはヨーロッパの食べ物だ!ここはヨーロッパだ!」とのたまった。
ハイ、ここは地理的には確かにヨーロッパ、と言えます、が。
「冗談じゃないよ!どこのイタリア人がチェコのパスタを美味いと言うと思ってるんだ!ヨーロッパの食べ物だって?お前はイタリアでパスタ食ったことあんのか!?そんなことをするのはお前の家だけじゃないのか!」
大喧嘩。
…すいません、私もイタリア行ったことないです。イギリスで食べたパスタも相当酷かった。でも、今まで行った国で一番パスタが不味かったのはチェコである。
彼らはアルデンテという言葉を知らないに違いない。
ちなみに、この話は後日、彼がホスポダで食べた、ものすごく見た目の悪い、味も悪いパスタを美味しいと言ったことから更に、蒸し返して喧嘩になった。

さて、そんなヤツもいるほどのチェコ人だが、イベントは意外と盛況(勿論、外国人率はかなり高め)。
最初に350コルナを払い、チケットを購入する。これで入場料100コルナと食べ物と引き換えにするチケット10枚がもらえる。料理のグレードにより交換するチケットの枚数が違うのだ。
PRAGUE FOOD FESTIVAL 2007 01

PRAGUE FOOD FESTIVAL 2007 02
左隅の数字がチケットの枚数を表す。
PRAGUE FOOD FESTIVAL 2007 03


寿司屋も出店していたが、明らかにチェコの寿司である。寿司の列に並ぶチェコ人を尻目に同じお店がだしていた生牡蠣を頼む。頭の片隅で当たるんじゃないか…と危惧しつつも誘惑に勝てない…誰一人チェコ人は頼んでいなかった…。怖いのだろうな(当たるのが、ではなく生牡蠣を食べるということ自体が)…。
PRAGUE FOOD FESTIVAL 2007 04
傍らにあるお醤油を。
一口で平らげる私をみつめるチェコ人たち。怖いのか、キミたち。

入場早々、生牡蠣でつまずいた私だったが平静に帰り、会場内を一周することにした。
PRAGUE FOOD FESTIVAL 2007 05
鰯を焼く匂いが…。
PRAGUE FOOD FESTIVAL 2007 06
オリーブオイルで。

PRAGUE FOOD FESTIVAL 2007 08
デザートは2枚から3枚と安いところが多い。デザートはいろんな種類を用意しているところが多く、売り切れたらほかの種類が補充されてきたりする。

セクト(チェコのスパークリングワイン)やビールは1チケットだけである。勿論、普段呑まない銘柄を狙ってみる。
ともかく、所謂「良いレストラン」ばかりが出店しており、ハズレがない。「やきとり風」など日本食ブームを感じさせらる物が随所に。チェコ風寿司よりも、こっちのほうが日本人にはウケるだろう。

ちなみにこの日食べた中で一番のお気に入りは、ホテル・マンダリンの白身魚と大根の煮物。多分、ソースには味噌も入っていた。ちなみにチケット8枚。さすがに高い…が、手持ちが7枚しかなかった私。1枚マケてもらえました。
ごちそうさまでした。
PRAGUE FOOD FESTIVAL 2007 07
出来上がり写真がないのは、途中から食べるのに夢中になったせいである。

キャビアのバゲットも食べたかったなあ(売り切れだった)。




【2007/09/09 23:47】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
PAGE TOP
<<雑務、しかし、為さなければならないこと。 | BLOG TOP | 9月6日 連日のように降り続く雨が…>>
この記事に対するコメント
ひさしぶりー!チェコに戻ってきてるんだよね。メッセージかこうかこうとおもいつつ延び延びになっちゃってました。

スパゲッティー超同感。チェコのスパゲッティー、ありゃ、ソフト麺だよ。私も彼とレストランに行った時に、私がまずくて食えないと思っているスパを、「おいしいねー♪」と行って食べているのを見たときには気が遠くなったよ。
【2007/09/26 14:17】 URL | かよ #k8hoI9U. [ 編集 ]
戻ってきてますですよ。お久しぶりー。

ソフト麺(笑)。私は最近や厭味をこめて「チェスキー」を語頭につけて呼んでます。本当にスパゲティを食べてもいいかなってお店は限られるよね…。なんで、あんなになっちゃうのか不思議。どうせソフト麺だったらと思って、タリアッテレとかによく逃げてますよ。私は。
【2007/09/28 03:20】 URL | 若菜 #RVrSGgmE [ 編集 ]
ああ~!これいったの?
誘えばよかった。ひとりでいくほどでもないけど程度に行きたかった。
週末だったから 彼を誘って イベントのサイトを見せたら
これは込んでるし どうせ味見程度で小さい料理でしょ?
行きたくないって言われちゃった。
美味しくても 小さい、値段が高いとか許せないようだね。
どうしても食べたいものは高く払っても
しょうがないってあきらめるようだけど 
グルメ食べ歩きとか興味ないみたい。
カタキをとって牡蠣買って 開けまくって ひとりで食べたっす。
牡蠣、おいしいよね~。


【2007/10/01 21:58】 URL | sachiko #- [ 編集 ]
チェコ人、男の子的には確かに小さいかもしれないけれど、、、あのーお祭りのときにでる屋台サイズ?
牡蠣、ちょっと怯えて食べました。当たるんじゃないかと思って。
【2007/10/05 12:31】 URL | 若菜 #RVrSGgmE [ 編集 ]
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/432-d292dff4


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。