椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
プラハに戻る
プラハに戻る。
空港までのバスは例によってなかなかやってこない。待つこと45分。ようやくやってきた空港までの直行バス(つまりは少し高い)に乗る。到着したときは既にチェックイン時間ギリギリだった。
帰国間際の土曜にまんまと財布をスラれ、ユーロもカードも持っていない私。手持ち金はフラットの敷金290ユーロ(マイナス電気代+郵送代)チェックインカウンターでは超過料金をとられるのでは、と恐れていたが「heavy」タグをつけられただけだった。
ということでプラハにいる皆さん、お土産は何もありません。

寒い国アイルランドから戻ったプラハは...寒かった。先週まで暑いって言ってたじゃないか、なんなんだ、と悲しい気持ちにさせられた。
が、それでもアイルランドよりマシ。
ダブリンでの家はフラットのなかに携帯の電波が入らず(家はセンターのど真ん中。山奥に住んでいたわけではない。時々ローミングエリアになっていたりした。FU●K OFF Dublin)1階に面していたためいつも道路で電話していた。寒かった。半袖では出られなかった。
飛行機で隣に座ったチェコ人2人も「ダブリンよりちょっと暖かいけれど、天気が悪いって。アイルランドじゃないのに。」と悲しそうに言っていた。ちなみにダブリンで働いているというこのチェコ人たち、しっかりビールを驕ってくれた。最後のハイネケン。チェコに戻ったらハイネケンのような高い(不味い)ビールは呑まない。

手持ちのお金もなく。
何もない、皿すらない、がらんとした部屋でとりあえず帰ってきたのだと思いつつ。なんとかなるだろう、と根拠なく考え。寝た。

とりあえず持っているチェココルナで定期券と携帯のクレジットだけは買わなければならない。

【2007/06/25 17:22】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<カレル橋650年 | BLOG TOP | 「リヴィエラを撃て」>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/423-5f52e39c


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。