椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
O'Connell streetと棒(塔?)
O'Connell street(オコンネル・ストリート)というダブリンの目抜き通りに変な、誠に変なとしか形容のできない、ただの棒が突っ立っている。その名も「Spire(スパイヤー)」。そのままのネーミングだ...。
Spire

Spire(スパイヤー)とSpider(スパイダー)を間違えていた友達がいたけれど...。

高さ120m。
ミレニアムとEaster Rising(イースター蜂起:対イギリスのクーデター?革命?アイリッシュのアイディンティティ。アイリッシュカルチャーとはケルトと対イギリスと言っても過言ではない。)の50周年を記念して作られたものだそうだ。よくわからない。その理由は私には。ちなみにその理由がわかる前には誰彼かまわず「なんのために作られたの?」と質問していたのだが、その問いに答えてくれるものは誰もいなかった。
現在、待ち合わせ場所によく指定されるが、円柱なため、ときおり、ぐるりと周ってみないと不安に駆られる。
O’Connell street 1
大通りの真ん中の安全地帯にあるため、邪魔。
ダブリン人には不評である、とどこかのサイト(日本語)でみたことがあるが、私が聞いたアイリッシュは一様に、褒めていた気が...。わからない。アイリッシュの考えることは、わからない。

この通り、立っているのは棒だけではない。
O’Connell street 3
知らない人。
銅像もたくさん。
多分、どこかにO'Connellさんもいるはずだ。
ちなみにSpireの場所は1966年IRAに壊されるまでLord Nelson:ネルソン提督がいらっしゃったそうだ。
O’Connell street 2



【2007/06/19 14:03】 ダブリンを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<使ってはいけないもの | BLOG TOP | University of Cambridge ESOL Examinations>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/417-68dfbc93


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。