椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
世界の男どもよ!!
先日、友人と話していた折に盛り上がった話題。それは、
「男は文句があっても訴えない」

オランダ人:旦那はポルトガル人とブラジル人:旦那はブラジル人。
最初のテーマは何であったのか。ブラジル子ちゃんがバイトを辞めさせられたという話から始まったように思う。
もし何か言いたいことがあったら、言ったほうがいいよ、という私とオランダ子ちゃん。
彼女、ブラジル子ちゃんは、なかなかなかなか言い出せないタイプ。自分ではそれが礼儀正しいと思っている節もある。
わたしもポルトガルで仕事辞めさせられたことがあってね、と続けるオランダ子ちゃん。
その頃、私ポルトガル語話せなかったのよ、だから旦那が最初に電話したんだけど、あっという間に会話が終了したかと思ったら
「で?どう?」
「うん...大丈夫だよ」
何が?何に対して大丈夫なんよ!私、電話したわ。ポルトガル語習い始めて2ヶ月だったんだけど、旦那がびっくりするくらいに流暢に話せたのよ、そのときは(笑)

思わず相槌をうつ、私とブラジルガール。
「そう、うちの旦那もそうなのよ!!」
そう、男は苦情を言うのを嫌うのだ。
日本人だけかと思っていたら、こんなところに世界共通項が。
なあなあで済ませるのが一番、と思っているのは日本人男性だけではないらしい。(全ての日本人男性を知っているわけでないけれど)
言ったかと思えば、適当に言って終わり。それは私たちを納得させるためだけにしているからよ!一人だったら絶対しないのではないか。
面倒な役・嫌な役引き受けなければならないのは女性。何故なら「我慢」がストレスになるのは女性。男性にとって、主張するほうが飲み込むよりもストレスになるのだろう。
日本において、日本人は主張しない、だの、言われてるように思うが、なんのことはない。世界どこに言っても同じ。という話である。

ちなみにブラジル子ちゃんがバイトを辞めさせられた理由は
「君は...英語の勉強をするべきだよ」
さもありなん...。
私よりも英語の話せない彼女が働いていたのはパブ。彼女は全くパブに行きつけているような子ではない。全く知らない単語。知らない会話。
アイルランド訛り+酔っ払った客+騒々しいフロア(概してアイルランドのパブは煩いくらいに音楽がかかっていたりするところが多い)

全く違う話を一つ。
ホテルで働いていたというオランダ子ちゃんが「苦情」に関して、もう一つ、面白い話題を提供。
それはインド人について。
インドの方々はホテルのフロントにて第一声「I'm from India」と自己紹介をご丁寧にしてくれる方々がいると。
...大爆笑。
大体、インド人は文句や我侭をいう人が多くて、私はインド英語だってすぐわかる。そして、私、とうとう言ったのよ。「I'm from Holland」
私も次回は是非試してみる。
「I'm form Japan」

【2007/05/14 02:34】 アイルランドで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<Dublin生活事情:住居編「I'm looking for a FLAT!!」 | BLOG TOP | 馬車>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/407-7164886d


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。