椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
ナショナリティ
さて私は例によって語学学校に通っているわけである。

そこの国籍比はブラジル人が大多数を占める。
チェコで韓国人が多かった比ではない。聞けば、ダブリン中の学校がブラジル人が多いらしいとのことだ。真偽のほどは未確認だが。
聞けばダブリンだけではないらしい。「世界どこに行ってもブラジル人ばかりよ」と。ブラジル人は言う。
その次はスペイン、イタリア。...ラテンメイン。
アジアはタイ人が2人、中国人が1人...知っているだけである。

尤も、私の行っている学校は小さいスクールであり、日本の留学斡旋会社が取り扱っているような学校ではない。斡旋会社が取り扱っているような学校は私には高すぎる。
そのためなのか、日本人は私一人だ。
私はこの街でまだ一度も日本語で会話していない...。
とりあえず、今のところ、この日本語を話さないという状況は大きなストレスにはなっていない。
大体、この街には日本人は少ないように思う。街を歩いていても、日本語を聞くよりもチェコ語を聞く頻度のほうがよっぽど多い。
出稼ぎ(別に仕送りはしていないとは思うけれども)にきているチェコ人が多いのだ。東欧・中欧からは、ポーランド・スロバキア・チェコ。それからバルト3国からも。

さて、大陸から小島(英語圏)に来てみると、また今までとは違った人種の国籍に対する感情に気がつかされて全く興味深い。
先週、授業中にナショナリティとそのイメージに関するテーマがあった。こんなセンシティブな内容を平気で扱ってしまうことにまず驚き。

まずはアイリッシュ。
「イギリス人は嫌いじゃないよ。イギリスは嫌いだけど。歴史だから」
と、ごく真っ当なご意見。
スペイン人。
「フランス人はクレイジー!」
「ドイツ人は人種差別的」
...おいおい、お前、この前私がフラットを見にいって、スロバキア人だったって言ったら、眉しかめたよな?それはありなのかよ?
ブラジル人。
「アルゼンチン人は最悪!傲慢!下種!」
あわわ。...プラハにいたときには、幸いこんな状況になったことなかった。授業中に扱う内容じゃないよ...。
ちなみにフランス人は言う。
「ダブリンで英語なんてしたら、スペイン訛りになっちゃうよ」

アイリッシュは、ここはアイルランドなだけにフランス人やカナダ人と同等な気持ちでいるし、フランス人はスペイン人を小ばかにし、スペイン人は東欧諸国を下に見て...。東欧諸国はそれでも、アジア人を下と考えつつも...。

日本人に対する評価は「礼儀正しい」「フレンドリー」...ハイ、どうもありがとう。そうじゃない人もたくさん知っていますけれどね。そうは言っても、このイメージのおかげで随分と海外において得しているように思う。
私はこの手の論議が好きではない。
キノコが好きではないチェコ人も、ダンスが好きじゃないブラジル人もいるのだ。

残念ながら世界の国には明らかにレベルがある。
まずG7。
Group of Seven。
日本・アメリカ・カナダ・ドイツ・フランス・イギリス・イタリア。
成熟しきった経済と文化を持っている。経済にゆとりがあるということは、やはり文化にもゆとりがあり。他の国の文化に興味を持て尊重できる人が多いのがこのグループの特徴です。
日本は最近ちょっと危ないけれど..。

次に来るのは、例えば、北欧やベルギー・スイス・オランダ。
大国ではないけれど、確固とした経済と文化を持ち、なんだか悠々としたイメージ。

第3グループはチェコや東欧諸国。
悠々とはしていない、まだまだ頑張らなければいけないグループ。
多分ブラジルもここだろう。今まで興味がなかったのでブラジルのことは詳しくないけれど...。

第4グループは...食べるに困る国々。

第2グループと第3グループのレベルわけは、なかなか厳しくて。
例えばスペインは2の下。チェコは3の上、とか、とても微妙なものがあるように思う。経済のみではなく文化の面でも見ると、さらに複雑。しかし基本としては、経済に余裕がないと文化まで手が回らない。言い切ってしまうことはできないけれど、グループが下がれば下がるほど、他国を乱暴にあつかってしまう、スマートでない言動が随所にみられます...。

日本はアジア。でも、G7。
摩訶不思議(彼らからすると)な文化を持ちつつも、経済力を持つ日本。アジアだからと言って馬鹿にしたいけれど、できないというのが現状だろうと思う。

以上、個人的な意見。
【2007/03/12 19:05】 アイルランドで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<英語とチェコ語 | BLOG TOP | ビールとパブ>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/400-8bd2cd9f


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。