椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
kouření může zabíjet!!(smorking can kill)
チェコにいるのも、あと僅か2週間になる。
驚くほど、散らかった部屋の片隅で現実逃避をしている最中だ。

2週間後に行くはアイルランド。
昨日、チェコ人友達と話していた話題に「アイルランドのパブは全面禁煙」というのがあった。どこまで全面的に禁煙なのか詳しくはわからないが、旅行した際に立ち寄ったパブでは皆、中庭で吸っていた。

さて、私はJAPONKA(日本人の女の子)だというのに、タバコを吸う。
別にへヴィー・スモーカーなわけではなく、家の中では吸わない。
外で、カフェやホスポダでコーヒーかアルコホールとともに、でしか吸わない、と決めている。(極々たまに、ベランダで吸うことも...)と、言うよりも、コーヒーかアルコホールが入るとタバコが欲しくなるのだ。体に悪いことは重々承知。百害あって一利なし。

この間帰国した折、日本は喫煙スペースが少なくなっていることがわかった。
ここ、チェコはといえば、喫煙バンザイ!というかんじ。
タバコが吸えないカフェなんてまずない。禁煙・喫煙と分かれていないところも多い。
しかし、だ。
注意してみていれば「タバコを吸うのはワーキングクラスに多い」ということに気がつく。そしてやはり男性が多い。
タバコもPIVO(ビール)も飲みます。という女の子は多いほうでない。
女の子はビールとタバコを呑んでいる男のそばで、おとなしくジュースを飲んでいたりするものなのだ。
...ハイ、私気がつきました。何故チェコ人ワーキングクラスの子供どもが私になつくのか。
閑話休題。

家では吸わない私だが、部屋には灰皿がある。

popelnik

小物入れとして活躍中。kurušovice(クルショヴィッツェ:)。チェコのビールのメーカー品。よくホスポダにはメーカーから支給されるであろうグッズがおいてある。これはホスポダから失敬してきたもの...ではなく、バザールで購入。今ではあんまり見かけないタイプのもの。30、40コルナくらいだった。

popelnik2

後ろにみえるこの淡いブルーの灰皿。Royal DUX。チェコの陶器メーカーのものだ。アンティーク屋で購入。450コルナ。高い、だが、美しさに惚れた一品。裏を返して会社名をみて納得したものだ。今からざっと80~90年程前のものだそうだ。

popelnik3
もう一つがこれ。これも良い柄。こちらもチェコの陶器メーカー・Thunのもの。
灰皿として機能しているのはこれと上のブルーだけれども、こっちのほうが使用頻度は高い。

チェコ語で灰皿はpopelník(ポペルニーク)。popel(ポペル)は灰、という意だ。世界共通ともいえる語源でることにハッとさせられた言葉でもある。なんてロマンティックなんだろう。

【2007/02/02 21:10】 チェコで暮らす | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
PAGE TOP
<<プラハを散歩する。 | BLOG TOP | ビールジョッキ洗浄機>>
この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/02/05 18:36】 | # [ 編集 ]
アンティークやさんには気がつくといくけど
こういうのはみないな。素敵ですね。お買い物上手!
【2007/02/06 14:45】 URL | SACHI #- [ 編集 ]
chiekoさんへ

コメントありがとうございます。とても嬉しかったです。
私のblogは明るい話題だけじゃなくて、日々感じる嫌なこと不思議に思うこと、などをも残していけたらとおもいながら書いていました。素敵なカフェやお店の紹介だけではなく、私の周りの外国人・チェコ人が何を考えているのか。日本のチェコ好きな方が思うイメージでなく、私の知り合った人に限られてしまうけれども、それを自分で覚えておきたいという気持ちで書いていました。私の視点は他の誰の視点とも違うし、私にしか見えないものがあるはずなので...。
chiekoさんは現在は日本にいらっしゃるのでしょうか?
わたくしはこれからダブリンに行きます。そして夏にはまた、この国に帰ってきたいと考えています。
そしてとりあえず今は、荷物の山の前に途方にくれながらもPIVOを呑みに行っています。
このblogは「椿日記」と称していますし、私が世界のどこに行っても細々と続けていこうと
思っています。これからも宜しくお願いいたします。

SACHIさんへ

ふふふ。喫煙者ならでは、でしょう。
灰皿、何故か好きなんです。吸わないころから。
【2007/02/08 12:46】 URL | 若菜 #RVrSGgmE [ 編集 ]
こちらこそ突然のコメントに返信ありがとうございます。
去年の末に帰国しました。今は日本での生活に悪戦苦闘中です。
またいつか戻るつもりではありますが、何年後になるやら…?

私もフランス滞在中はみなさんの持つイメージとはまた違う一面をたくさん垣間みることができ、
常にある外国人としての立場にどうしようもないフラストレーションを抱えたこともありましたが、
それでも私に関わって助けてくださった方達のおかげで、今はフランスという
偏屈者の集まりの国(笑)を大切に思うことができるまでになりました。
椿さんの視点は国は違いますが共感する部分が多く
またチェコでしっかりと生活されてる姿が励みにもなりました。

アイルランドにしばらく行かれるのですね。
厳しい気候のせいか人柄がとても暖かいと聞いています。
楽しんで、また椿さんならではのレポートを楽しみにしています。
それでは荷づくり、引っ越しと体力勝負になるかと思いますが
風邪など気をつけてくださいね。
また私もコメントさせていただくかと思いますが宜しくお願いいたします。

【2007/02/12 07:13】 URL | chieko #NUpTSsbk [ 編集 ]
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/393-ac9ee3ef


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。