椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
ビールジョッキ洗浄機
大雪の中買い物にすら外出しなかった私だけれど、火曜の夜も水曜の夜も、しっかり呑みに行った。
バカ。
プラハから離れるまであと3週間、なるべくたくさんの人に会いたい。
住んで1年もすると、段々と友人知人の帰国のニュースを聞くになり、友達を介して遊んでいた人たちと遊ばなくなり、街を歩けば必ず誰かに(ばったり)会っていたのが、そんなことすら少なくなる。
と、同時に今度は自分の場所が出来てくる。所謂「常連」というやつだ。
知らないけれど、知っている、そこでだけ会う人たち。
見知った店員。
もしくは、友達が店員として働いていたり。。
久しぶりに日本に帰り、自分の感覚がすこしばかりずれて(大雑把なほうに)来てしまっていることに、気づいた私だが、この街では、店員が客と一緒に呑むということも、珍しいことではない。
カウンター近くは常連、もしくは友人の席である場合が多い。暇なときはカウンターから出てきて呑んで良いのだ。...自分の出勤日じゃないのに店に来て呑んでいる店員もいる。
ついでに言っておくと、チェコでの「良いサービス」というのは日本のそれとはかなり違う。
そして店のランクによっても「良いサービス」の中身が違う。
一見、愛想の悪いおばちゃんからビールをドンっと出され、ドスのきいたような声で話しかけられても、それがその店のサービスだったりするのだ。

友達が最近、働きはたらきだしたところは、プラハの田舎にあるところで(地下鉄終点駅から更にバスで4駅)。
すこしばかり遠い。
そこへ、大雪の中行った。
先日初めて行ったときには、暗い照明と鳴り響くメタルで倉庫のようなところ、という印象を持ったが、
明るいなかでみて、元々は劇場として使われていたのだろう、天井からぶらさがるシャンデリア、2台のピアノ(1台は完全に壊れていた)、ということを観察できた。舞台道具もなぜか放置。劇の背景や帽子が放置されていた。
まだまだ工事しなければならないようなところだった(というか、工事中)。
そんな劇場インテリアを残しつつも、そこには卓球台やらサッカーゲームやらが置かれ、なにやら変な雰囲気。
この大雪ののなか、客は誰一人として来ず(友達以外は)、それぞれ話していたり、カードゲームをしたり、卓球をしたり。ビールだって勝手に注いだりして...。

ジョッキ洗浄機


さて、そのとき私が初めて見たものがこれだ。
世の中にはいろいろな道具があるわけで、これは日本にも存在するのだろうか?
居酒屋でバイトした経験はないのでわからない。
右側にビールジョッキを入れるとジョッキの重みで水がでる。それから、左側にいれて何回か回す。泡がつきます。きゅっきゅっとね。洗ったことになります。ハイ、もう一度右。泡を流して終了。
へー。たったこれだけ?

ベッドがあるから泊まって行きなよ!!という友達を押し切って、帰ってきた深夜にはまだ雪が降っていた。

【2007/01/27 20:50】 チェコで暮らす | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<kouření může zabíjet!!(smorking can kill) | BLOG TOP | >>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/392-fdd02193


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。