椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
去年の冬は寒く春はなかなか来ないと思っていたら、酷暑から冷夏になり、暖冬。
そして、嵐に、大雪。
+10~14度から一気に0度、マイナスの世界になったチェコに大雪が。
火曜23日の昼から降り出した雪は、はらはらと、でも確実に25日に未明まで降り続き。
おもしろいくらいに積もった。
snih
この冬は暖冬で、今まで全然雪の降らなかったプラハ。
私が覚えているのは11月1・2日、あとは12月28日の3回しか記憶にない。
寒がりの私だが、雪が降ると嬉しく思う。部屋から眺める雪はとても美しい。
そして、雪が降れば子供のようにハシャいでいいのだ。ぱらぱらをしすぎて、丸めることが難しい雪をまるで水をかけるようにして、手で払って友達と遊ぶ。そんなバカなことをお約束のようにしていいのだ。
...見知らぬ人が通るので雪投げをやめたら、その知らぬオジちゃんから投げられたときには大爆笑。

雪に対しても寒さに対しても、文句を言っているのは外国人ばかりで。
概してチェコ人たちは何も思っていないのか、もしくは、雪は美しいと思っているように感じる。
冬が好き、というチェコ人は意外に多い。
何時も、どのようなことも、淡々と受け入れる彼らだが、雪に関しては喜んでいる人たちが多いように思うのだ。

雪が降るのは寒いのは仕方がない。
その中で楽しみを見つけて楽しんでいるうちに、本当に楽しくなるものなのだ。

文句を言っては、いろんなものを改善していくのが日本人。
この国の人たちには「向上心」が欠けているように思う。
嫌なことは嫌だけど、仕方ないからまあ、いいか。自分たちの範囲内で楽しみをみつけれるから。
チェコも、もどかしいけれど、上を向いてばかりの日本も疲れる。

【2007/01/26 03:18】 チェコで暮らす | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<ビールジョッキ洗浄機 | BLOG TOP | orkán(嵐)とともに>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/391-b3d4d228


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。