椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
orkán(嵐)とともに
1月18日その日、ヨーロッパは全土に暴風雨が吹き荒れた模様。
そんな中、私は日本からチェコへと飛んだ。素晴らしいくらいにタイムリー。
今回の帰省にはスイス航空を利用。スイスまでは「快適な空の旅」を満喫。なんと言っても、エコノミーとはいえ、4列の座席を独り占めして横になって寝るのは下手なビジネスよりよっぽど快適に違いない。
スイス着陸近くになって「只今、天候不順のため揺れが予測されます」という、なんとも嫌なアナウンスがかかる。着陸近く30分、気持ち悪くなるくらいに揺れる。現に私の少し前に座っていたご婦人はゲ○袋を利用していた。
それでも、スイス空港を乗り換えのために歩いているときは、ゴキゲンだった。
もうすぐプラハ。もうすぐお家。
16時過ぎにスイスに着き、17時半まえ離陸の便。乗り換え時間はほとんどないに等しい。
スイスに住んでいる友達にメールしたりして、「次回スイス乗り換えのときは会う時間をつくらなきゃね。残念だわ。」

ヨーロッパ乗換えのターミナルに着いても、「何かしら?この列は?」と思い、呑気にチェコレート屋を覗いていた私。
「さ・で、ゲートを確認」と思い、電光掲示板を見る。
キャンセル...?ん...?
掲示板3列のうち、その時刻に離陸のヨーロッパ便1列に、ほぼ全便に「キャンセル」の文字が躍っているのだ。
...こんなの見たことない。

電光掲示板
写真にとっている人が多かったステキな掲示板。

ゆるやかに脳が働き、何故かたいしたショックもなくキャンセルなんだ...と理解する。
とりあえず、列の最後尾に。
どういう状況なのかもわからない。とりあえず並んどけ。
ハイ、その列が飛行機の便を変えるためではなく、とりあえずホテルを頼むものだとわかるのは2時間も過ぎた頃(19:00すぎ)。まだまだ列は長い。
その時点で、プラハ行きの便(19:45)がまだもう1便、存在するのは掲示板にてわかっていた。
でも、私の番にはまだまだならない。
それから15分後(19:15)、一人の航空会社のおばちゃんがウロウロしはじめた。
すかさず捕まえる人がでる。「ニース行きに乗りたいんだけど。」そう、ニース行きはこの日まだ便があったのだ。
しばらくしてチケットを手におばちゃんが戻る。
プラハ行きの離陸時間まであと15分もない(19:33)。
おばちゃんに声をかけようとすると、出張、といった風情の中年にさしかかりそうな男性に先を越される。が、「to prague」というのを耳にして、「私も!!!」叫んだ。

ちなみに、私は乗れないことも考慮してスイスの友達に連絡をいれていた、「最悪、泊まってもいいかしら?」だって、私はホテルのために、あと1時間も2時間も立って待ちたくない。
スイス航空はいたってサービスがよく、水は出るしコーヒーもバゲットも出してくれた。でも嫌。
少しくらい遠くたって、友達とアルコホールを呑むほうがよっぽど良いに決まってる。
(キャンセルの文字を目にした瞬間から考えていた)
荷物なんて何も必要ない。幸い、この水物・クリーム類の手荷物が厳しいときにちゃんと洗顔だって歯ブラシだって持ってる。(だって、飛行機に乗るときには化粧を落としたいじゃない?)

「勿論、泊まっていいに決まってるじゃないか」という友人からの返信とともに、プラハ行きのチケットを手にした私。
ゲートは通常ゲートではない、アジア行き方面の滑走路だ。つまり、ターミナルが違う。
サラリーマン3人とともに空港を走る走る。
当初の離陸時間はあと3分(19:42)。
ゲートに着くと、飛行機は20分ほど遅れていた。
友達には、急いで「私、今日の便に乗れるから!!」とメールを打つ。

離陸した瞬間、チェコ人に混じって「SUPER!!(最高)」と思わず拍手する私...。
チェコ人は飛行機の離陸・着陸時に拍手する人たちが多くて、常々、小馬鹿にしてきた私。このときばかりは、拍手をしたくなるその気持ちがわかる...。

スイスからチェコ・プラハまでなんと1時間もかからなかった。普通では1時間半くらいはかかるだろう。それが45分足らずで着いてしまった...。(プラハ着21:00)
が、勿論、荷物が出てこない。
当たり前...。
そして、また「荷物でてこないんだけどカウンター」に並ばなければならない。
例によって列はそんなに長くないのに、進まない。
私のちょうど前にいた韓国人おじさん(チェコ語どころか英語もままならない。大韓アテンダントをひっつかまえて通訳をさせる。そして何度も何度もくどくどくどくどを同じことを確認。)に後ろに並んでいたチェコ人おじさんとともに、キレそうになる。
ようやく私の順番がまわってきて、外にでると23時過ぎ(私自身は5分くらいしかかからなかった)。

深夜トラムで家路に着いたのだった。

次の日、この日はものすごい嵐で看板が倒れたり、トラムに支障が出たりしたことを知る。
やれやれ。

スイスの友達に会えなかったことは残念だけど。
【2007/01/18 08:45】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<< | BLOG TOP | あけましておめでとうございます。>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/390-a3ac1199


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。