椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
チェコのクリスマスマーケット
たいした物ではないとわかりつつ、一応見にいってきたクリスマスツリーの点灯式。
Václavské nam:ヴァーツラフ広場とStaromark:旧市街広場のクリスマスマーケットはハッキリ言って観光客向けで、イマイチだけれども(売っているものが皆同じで、クリスマスグッズともいえないようなものばかり)。それでも、クリスマスツリーはStaromarkが一番迫力がある。
vánoce staromark
今年は青。
vánoce Václavské nam
Václavské namも青。と、思っていたら、どうやら紫らしい。

前回に記載した写真の場所はnám Míru ナームニェスティー・ミールは私のお気に入りの場所。ここにはちゃんとクリスマスグッズが売っている。
(しかし、惜しむらくは私の大好きなお菓子が値上がりしたことだ。前回までここの場所に出店していたときは38コルナだったはず。それが他の場所と同じ40コルナに...!)

ANDĚL アンゲェルのマーケットも比較的、住民のためのもののように感じる。

大体、誰も買わないようなおみやげ物をクリスマスマーケットでまで売る意味が理解できない。
チェコの人、そういうものを売る立場にいる人は一体何が売れるのか、わかっていないのだ。ビール以外の自分の国の「売り」を的確に考え、ちゃんとした商品戦略を考えていただきたい。
何回言ったかわからないけれど、概して、チェコの人はお洒落ではないし、センスがないのだ。外国人の友達の間では「その洋服ステキ!...日本で買ったのよね...?」という会話がお決まりのように交わされている。既に冗談の領域だ。
確かに今、日本のチェコブームのような「東欧の(中欧ですから、ここ。)レトロで素朴なかわいい雑貨!!」というようなものがウケているとは、この国の人は夢にも思うまい。
私たち日本人は、旧社会主義デザインや貧乏だからこそ生まれたデザインのものに「かわいい」と言える余裕と無知があるが、彼らにとっては忘れさりたい、なくしてしまいたいものが多いのだ。とはいえ、何が売れるのか、商戦努力をしていただきたい。
失くしていいものと、それを利用して生きようとするのと、どちらもアリなのだから。それを全て失くしてパリのようになろうというのか。
対極を急に目指すよりも、今あるものをすこしずつ改善する努力をしたらどうなんだろう...。

palcat
チェコではこういった、鍛冶も盛んに行われている。ANDĚLのマーケットにて。
しかし、デザインは私の目から見ると、ゴツイ。洗練された、とは言いがたい。
誰が買うんだろう、と思っていたら、ドアにつけるような鈴(?)を買っている人がいた。
失礼。
【2006/12/02 23:15】 チェコで暮らす | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
<<去年マリーアンスケー・ラーズニェで | BLOG TOP | クリスマス直前の前>>
この記事に対するコメント
ちょっと聞いて奥さんっ(ワナワナ)
旧市街広場は50kcだったわよ。。。50kc出して、お釣りを待てど暮らせど出て来ないのよ(悲)。もうあそこでは食べないっ。 かなり並ぶしね。
腕のよさそうな鍛冶屋さん、デザイン画出したらオーダーメードしてくれるかしら?
【2006/12/07 00:51】 URL | rybicka #- [ 編集 ]
え?本当ですか?この前、食べましたよ。40Kcで。...多分、価格共通でしょう。あ、もしかして常設のとこですか?常設のとこは高かった気がします。もし、vanocni trhだったら、それはボッタクリとうより...単なる間違いな気がします...チェコだから。

腕が良いかどうかは知りませんが(笑)、「こういうの作って!!」と言ったらオーダー可能だと思います。何をお求めですかー?
【2006/12/07 15:02】 URL | 若菜 #RVrSGgmE [ 編集 ]
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/383-bd6e1b9b


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。