椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
Divoký kemp:野蛮なキャンプ
キャンプに行った。
私のチェコ人の友達は…ワイルドである。ワイルドなんていえば、ましな言葉だけれども、なんというのか野性溢れる…野蛮な…シティガールな私とは違うやつらだ。そんな彼らは夏中キャンプに行っている。何度かキャンプに誘われ、何度か断ってきた。
「私はエレガントなの」
すがりつく犬のような彼に、「1泊だけ」ということで了承した。もう夏も終わる。これが最後の機会かもしれない。
しかし、日本で行われているようなステキなキャンプではない。1泊が限度だ。
寝袋をルームメイトに借りる。リュックを買う。そう、私はリュックすら持ってなかったのだ。
寝袋に食料に水。化粧品類は洗顔とハミガキ。顔は洗いたい。

プラハから南に。Písek ピーセックとČeske Budějovice チェスケーブデヨヴィッツェの間くらいにあるBavorov バボロフという町がある。そこから更に7キロ。そこはキャンプ場ではなく、朽ち果てそうな、朽ち果てている途中のような城である。
彼らはそこで、中世の服のような格好をしイベントを行う。
それを見に来い、ということなのだ。…やれやれ、可愛い子たちだこと。

Helfenburk1
天守閣にあたる部分(城の屋根部分)は崩れ落ちているが、塔は健在。
見晴らしは格別。

Helfenburk2
勝手にたてている旗。

Helfenburk3
この木の下で寝た。

何もすることがない私は、イベントの一環で来ている馬に乗って手綱を引いてもらったり(30コルナ:150円くらい)。キャンプファイヤーの近くでお昼寝したり。本とコーヒーを持ってこなかったことを後悔する。
Helfenburk4

Helfenburk5
彼らのイベント、の後の子供向けコーナー。私もちゃっかり参加して、(チェコの剣なのに、などと言われながらも)「騎士証明書」をGET。やった!
イベントが済んだ後は、すっかり、くつろいでビールである。
剣を振り回す彼らはイベントの前には呑まない。

ここには、スタンドが一軒。ソーセージとパン、それと飲み物が購入できるだけである。
言い換えると、そこ以外には電気も水もない。
シャワーなんてあるわけがない。手を洗ったり顔を洗ったりする水は持参。飲料水は…水は貴重なので半分はビールを呑む。
小屋がある。しかし、床はゴツゴツと突起している。寝る場所を選択するには、野外かその床を何らかの方法で騙して寝るしかない。
私は星の下で寝た。
だから1泊だけなのだ。
これはキャンプではなく、野宿、もしくは野営、と言えるだろう。
私の生涯初のキャンプはこんなにも野性的。
でも、周りのチェコ人はそれを気にする様子はない。むしろ、楽しいでいる。

Helfenburk6
羊もいる。
Helfenburk7
山羊もいる。

彼らはずっと、衣装のままでいた。
夜、炎の光のもとで火を囲んでいる彼らをみると、果たしてこれが2006年で良いのかと思う。
木の枝にソーセージをさして焼く。木製の食器類。鳴り出すギター。
…マントを被って寝ないでください…せめて寝袋使おうよ。
日本で行われている、ステキなキャンプは遠い。
ちなみに、彼らのうちの何人かをこっそり「馳夫さん」「ファラミア」と命名している。

彼らはこれを好きでやっている。報酬は夜のビールとグラーシュの差し入れのみ。
可愛い子たちよ。
でも、私はelegantní zana:エレガントな女性。
そう主張しておかないと彼らのなかでは生きていけない。
人生のなかで最も野生的な日だった。
【2006/08/26 23:54】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
<<Karel Ⅳのパレード | BLOG TOP | Zámek Konopiště>>
この記事に対するコメント
むむっ!
ランサム描く1930年代のキャンプですら、テントで寝てますよ。
野営する場面もあるけれど、ちゃんと寝袋に入って寝てます。

これはキャンプじゃないし、キャンパーじゃない。
チェコ人は野伏体質とみました(爆)
【2006/09/05 13:24】 URL | かおる #K6K43T0A [ 編集 ]
ガーンっ。でも、ほかの友達も外で寝たことがあると言っていました…。寒くさえなければ、とても気持ちがいいですよー。

しかし…これを何ヶ月も続ける旅をリアルで考えると恐ろしいです。私は旅の仲間には入れません。
【2006/09/07 10:11】 URL | 若菜 #RVrSGgmE [ 編集 ]
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/368-cb7ee795


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。