椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
16.06.06 Belfast→The Causeway Coast The Causeway Coast編
構想としては、本日はPortrushポートラッシュに泊まるつもりだった、が、途中、もらったバスの時刻表が間違っていたことを知った。
ガイドブックにはさも、Balfastから直接バスが運行しているように書いてあるけれど、2回も乗換えが必要だった。
いや、もしかしたらそれ以外の手段もあったのかもしれないが、私はそう思った。
今日中にGiant's Causeway ジャイアンツ・コーズウェイが見れるのだろうか。
なんとかなるだろう。行ける所まで行こう。無理なところで宿をとろう。
そう考えた私は考えなしだ。
バスはいかにもローカル線。乗客数も多くなく、ゆったり座れる。
Coleraineから下校時刻の学生が大勢乗ってきた。制服姿が新鮮。
車窓からDunluce Castle ダンルース城を眺められた。ここらへんのエリアも本当に「田舎」で、
「もし、あなたが望むのならそこがバス停でなくとも停まることができるでしょう」というかんじだ。
世界最古の公認ウイスキー蒸留所があるBushemills ブッシュミルズ、を抜けた。ここに泊まるのも良かったかも。呑みたい。
そんな、くだらないことを考えているうちに、Giant's Causewayに着くことができた。
田舎だ…。
私は、街、というか、村、というか建物が建て込んでいる場所を想像していた。
…建物というものは、バス停傍にあるレストラン、というかパブ。そしてホテルが一軒。あとはインフォメーションも兼ねているお土産屋とナショナル・トラストのみである。後方に人家がちらほら。
帰りのバスがもうないことを知る…。
B&Bは2軒しかリストになかった。
一軒に電話をかける。
…部屋はない。
友達のところを紹介してくれるという。…電話番号を確かめると…もう一軒のことじゃないか...。
「もう一軒」私は目出度くここに泊まれることになった。迎えにきてくれるともいう。
なんて親切なんだ。胸をなでおろす。


Giant's Causeway 


Giant's Causeway 2


Giant's Causeway 3


Giant's Causeway 4


Giant's Causeway 5


名物の六角柱。世界遺産だそう。
でも、チェコにもこういう石の突起している場所はある。

まるで世界の果て、のような場所だ。
この海の先には何があるのだろうか。グリーンランドか。そういう私に、連れが「昔の人は幾人もそう言って、本当に船を出したのだろう」と言う。
私も、その立場であったなら行ったかもしれない、と思う。ここは世界の果て。
兎も角、凄い、という言葉しか見つからない。来て良かった。


ゆったりと散歩をし、宿へ。
やってきたおばちゃんは、とてもファンキーでラブリー。口癖は「LOVELY!」。
車もファンキーでラブリー。窓が壊れ、開いたままの車だった。
「でも、特に問題はないわよ。寒いだけで。」「私が触っても居ないのに開いたのよ!!おかしいわよ!」車内の散らかり具合もラブリーだ。
通された部屋は非常口、と書かれたドアのさらに奥の普段は使われてないような、従兄弟だかなんだかが使っていた部屋、だった。
「私たち出かけたいんですが。鍵いただけます?」
「あ、そうね。そう…ないわ。鍵。大丈夫、問題ないわ」…そうね、問題ないわ…。多分。
とはいえ、この宿、廊下にはお茶とクッキーが置かれ、清潔で家庭的、とても良い宿だった。
牛くさいことを除いては。


Giant's Causeway 7

夜は一軒しかないパブでフィッシュ・アンド・チップス。


【2006/06/16 23:49】 チェコから海外へ | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
<<17.06.06 The Causeway Coast→Derry→Galway | BLOG TOP | 16.06.06 Belfast→The Causeway Coast Belfast編>>
この記事に対するコメント
世界の果ての気候は北海道。(笑
ものすごくみはらしよさそうね。

LOVELY!のくちぐせ わたしもです。
女子高生みたいな 口調になっちゃうんだけど
うつっちゃうよねー。
【2006/07/13 15:47】 URL | sachiko #- [ 編集 ]
見晴らし、バカみたいにいい。北海道よりも、厳しそうではありますが、咲いている花や緑が北海道っぽかったのです。
【2006/07/15 15:28】 URL | 若菜 #RVrSGgmE [ 編集 ]
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/356-4d8a1969


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。