椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
明日はテスト
2セメスター、所謂1年コースだったチェコ語の学校が終わる。
正直、飽きた。
もう語学学校に毎日毎日通うなんてできない。
できるようになったかならないかに関わらず、だ。
勿論、チェコ語は馬鹿みたいに難しくて、とても1年なんかで話せるようにはならない。とは言え、私は他の言語をしっかりと習ったことはないのだけれども。
単なる才能の問題かもしれない。

最後の教室

これからもチェコ語を「習う」ということはしたいと思っているけれど、
それは、毎日同じ学校に通うという形ではなくて良い。
週に2、3回、それで充分。
そして、できることなら「チェコ語学」を教えて欲しい。
言葉について。なぜそうなったのか。文化。歴史。言葉の表面を上滑りするのは、もうたくさんだ。

このセメスターでは、途中でアメリカから来ていた大人が帰ってしまい、クラスに子供が多いことも本当に退屈だった。
子供であることが悪いわけではない、精神年齢が子供な人が多かった。
当然、話しも皮相的になる。
所謂、後進国の人が多かったことも原因だと思っている。
いろいろな意味で教育がされていないのだと感じることがしばしば。
もし先進国でのみ生きていたら、こんなことも感じることさえなかったかと思えば、良い勉強になったのだと思う。
一口に「海外に住む」と言っても、パリとプラハでは状況がまるで違う。
私は、それを身をもって体感できただけでも、ここを選んで良かったと思える。
ヨーロッパは広いのだ。


本日学校で問題を解いたら、あまりにも間違えていて愕然。
余談。


【2006/06/09 04:41】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<15.06.06 PRAGUE→BELFAST | BLOG TOP | チェコの絵本 Jan Kudlacek>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/352-a04e9aa6


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。