椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
Dresden ドレスデン
日帰りでドレスデンへ。
ドレスデンまではプラハから電車で2時間半ほどだ。
電車はラベ川沿いを北上する。
現在、至るところで洪水になっているのだが、プラハではそれほどでもなく危機感の薄い私だったが車窓から見る風景は「洪水」そのもの。
驚いた。
ドレスデンも…エルベ川(チェコ名ラベ、ドイツ名エルベ)だよな…と今更ながらに思う。
けれども、電車は進む。

ドレスデンは元々興味のある街だが、今回は「エーリッヒ・ケストナー博物館」」に行くつもりで来た。
とりあえず地図をGETするためにインフォメーションに行く。
…親切さに驚いた。「そのチケットは高いわよ。こっちのほうがいいわ…」
なんて親切なんだろう。(普通?)
チェコにはこんな笑い話がある。
「プラハ城を観たいんですけれど。」
「このインフォーメーションをでて、上を見れば眺められるわよ。」
…チェコシステム。
閑話休題。

ドイツトラムは滑るような走りをする。
ケストナー博物館は、Albert-PlatzのAnton st.にある。ケストナーだからアントンシュトラッセなのではなく、アントンシュトラッセからアントンの名がついたそうだ。
展示の仕方がユニークで、いろんな角度からケストナーについて紹介していた。
どうやら、日本で去年展示が行なわれたらしい。ポスターが貼ってあった。

エーリッヒ・ケストナー博物館


ケストナー博物館のクロッカス 春の訪れ

庭にクロッカスが咲いていた。今年初めて見る土からの花。
春が来た。

昼食を食べ歩きだすと、そこは本当に春。そこはドイツ。
アイス屋さんには行列ができている。思わず映画版「点子ちゃんとアントン」を思い出す。

Dresdenの洪水06 1

ドレスデンも洪水中。
土手がない。

Dresdenの洪水06 3


Dresdenの洪水06 2

人がいるところの一段下にも本当は車道があるはず。
家の被害が少ないせいなのか、なんだか呑気なかんじ。皆、アイスを食べながら洪水を見ている。


Zwinger:ツヴィンガー宮殿に行く。
ここはいろいろなものがあるけれど、私が観たいのは陶磁器コレクションとアルテマイスター。
アルテマイスター、兎も角、広い。時間が足りなった。
ラファエロの「システィーナのマドンナ」など有名な絵もあるけれど、昔のドレスデンを描いたものなどもあって、興味深かった。


ケストナー博物館の次に来たかったのは、ここ。
Frauen Kirche:フラウエン教会


Frauen Kirche:フラウエン教会
バロックの教会だったが大戦で崩壊。その後、社会主義時代は放置された。
1994年から修復が始まり、去年の秋完成したものだ。修復途中のものを以前TVで見たことがあった。
残っていた部分は可能な限りもとの場所に戻すように努力したということだった。
写真で見える黒いレンガ部分がそれだ。反対側はもっと黒い部分が多い。

DSCF1578.jpg


綺麗なドーム。

古くからある教会のような独特のひんやりとする空気でもなく、観光地の教会のように騒がしくもなく、不思議な空気だった。
言うなれば庶民的。
ドームの上に上ることもできドレスデンが一望できる。
古くからある建物と社会主義時代の建物と、そして現代の建物が一緒に建っている街。
プラハにも多くの社会主義時代の建物がある。でも、こんな街の中心にはない。
戦災にあったからこそ、こんな街の中心からミックスなのだろう。
戦前はさぞ美しい街だったに違いない。
今はとても興味深い街だ。
友人が「ドレスデンは小さな街で日帰りで充分」と言っていたけれど、私には時間が足りなかった。

ここも、チェコと同じ元社会主義の場所。
でも、住んでいる人の気質がまるで違う。
なんてフレンドリーで親切なのだろうか。私が観光客だからなんだろうか。


【2006/04/02 23:17】 チェコから海外へ | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
<<Velikonoce イースター | BLOG TOP | 春の訪れ>>
この記事に対するコメント
チェコ人も普通に親切でしたよー。
チェコ人もドレスデンの人も、大差無かったような気がしてます。でも、住んでいるといろいろ違うのかもね。
インフォメは、テルチとチェスケーブディエヨヴィツェで行きました。
どっちも宿探ししてもらったんだけど、西欧のインフォメと同じだと思いました。
もっとも私は9年前のブルガリアとか、4年前のウクライナとか、けっこう前に東欧の中でもチェコ以上に東欧なところを経験してるから、そう思うのかも。
【2006/04/10 14:00】 URL | かおる #wYAyu/Y2 [ 編集 ]
チェコ人自らが言っちゃう冗談ですからねー、これ。街の人は親切だと思うけれど、お店の人は不親切。チェコ人にとっても常識のようなかんじ?
不親切とは別に、地図広げてても寄ってこないような気がします。国民性?旅行者の多さのせい?

ウクライナには勝ってると思うけれど(何が?)、ブルガリア人にはチェコ人はダサいだの、料理がマズイだの云われてます…。でも、やっぱり、いろんな人が閉鎖的って云っているのを聞きます。最近は…アラビア人から聞きました。
【2006/04/10 17:52】 URL | 若菜 #RVrSGgmE [ 編集 ]
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/343-d59a4252


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。