椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
Fimfarum2
「Fimfarum2(フィムファールム)」という映画を観に行く。
Aurel Klimt(アウレル・クリムト)の作る人形アニメだ。
人形といっても上から吊るしたりするタイプのものではなくクレイタイプのものだ。
2、というからには1も勿論存在する。
「Fimfarum」はチェコのアカデミー賞、チェスキーレフを受賞している。
チェコのおとぎ話の短編集の映画である。
ストーリー自体もとても面白いし人形自体もくるくりとよく動く。細かい遊びが効いている。
大人のチェコ人も大好き、と言う。
事実、私の家にもDVDが一枚、ある。
こういう映画が賞を取れる国ってステキだと思う。
でも、こういう映画を好き、というチェコ人は不思議だ。
日本でも誰もがこの映画を良いというだろうか。
ジャンルはアニメ、子供向けの寓話。
総監督のクリムトは有名な人なので、多分日本でもDVDが手に入るだろう。


私のお気に入りは「Palecek」というお話。
親指男の子、という意味であり、要は一寸法師のような子のお話だ。
彼の勇気と知がさわやかに可愛く回っていて、観た後に清々しくなる。これを話の最後に持ってきたのは正解だと思う。
良い気持ちになってエンディングが観れる。


「Fimfarum2」については>>


【2006/03/01 23:10】 映画 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<Jiri Suhajek | BLOG TOP | Kral Vinohrady 王のワイン畑>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/336-793c7a6f


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。