椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
Kral Vinohrady 王のワイン畑
Vinohrady 散歩1


朝早く目覚めた。
春のような天気のなかを散歩した。
太陽が顔を出し気温も上がると長い冬の終わりが来たように思え、本当に気持ちが良い。
日差しが作るコントラストさえも愛おしい。


家から程近い「チャペック兄弟通り」を通りつつヴィノフラディという地域の丘を西に進む。
Vinohrady 散歩2
カレル/ヨゼフ・チャペック兄弟はチェコの作家とイラストレータ兄弟。日本でも新潮文庫から何か出版されていたはずだ。何年か前に兄弟で出版した本の装丁の展覧会が開かれていた。
お墓は先日行った、ヴィシェフラッドにある。

Vinohrady:ヴィノフラディというのは、その昔、王がこの地にワインのための葡萄を栽培していたということだろうと思う。
地形的には、丘になっており南側に広い斜面が続く。
現在ではセントラルからも近く、住居をかまえるのに人気の場所である。
そんなヴィノフラディに住んでいる私だが、ヴィノフラディと言っても「端っこ」なのである。
家の南から斜面が始まっているので景色だけが、かろうじてヴィノフラディ、である。何故、人気があるのか考えあぐねていた。
しかし、今回の散歩で合点がいった。
品の良い家が多い。住宅地だというのに散歩していて心地よいのだ。

Vinohrady 散歩3

これも個人の邸宅なんだろう。
よく見ると外装汚かったりするのだが...。

とても良い気分でヴィノフラディから眼下に街を眺めながら歩くとそこはヴルタバ川。とっくにヴィノフラディを脱し、2、3時間が歩き続けていたのだった。



Vinohrady 散歩4

よく歩いた。



【2006/02/19 23:27】 プラハを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
<<Fimfarum2 | BLOG TOP | 誕生日パーティ>>
この記事に対するコメント
こんにちは
http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/を見ていたら、リンクしてあったので、見にきました。又見にきまーす!
【2006/03/04 04:13】 URL | 各駅停車 #- [ 編集 ]
こんにちわ。
どうぞ、ゆっくりしていってくださいませ^^
なんて。
【2006/03/07 00:17】 URL | 若菜 #RVrSGgmE [ 編集 ]
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/335-62e4c504


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。