椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
カイロプラクティック
習い事で一緒だったおばちゃんの「お兄ちゃん」つまりは息子さんがカイロプラクティックができる、ということでやってもらいに行く。
余談だが、このお兄ちゃん、3浪して大学に行き(4年で卒業)。トライアスロンをやる為に1年オーストラリアに。カイロプラクティックの学校に通うこと4年。
という、なかなかオモシロ人生を過ごしている。
ちなみに現在は上野のスポーツ用品店でガット張りのアルバイトもしている。

で、肝心の施工について、
「なんだかよくわからないけれど、すっきりしたわ」というのが正直な感想。
彼の専門は、首。頚椎だそうだ。
「頭を支える部分が曲がってると体全体に影響を及ぼす」
これをするのはカイロ…の世界でも古典的な遣り方であり、その場しのぎではなく、元からよくしようというものだそうだ(ちょっと自慢気だった)。
別段、揉んだりするわけでもなく骨を触るようなかんじ。
いろいろ触ってもらって、「ハイおしまい。ちょっと寝ててね」だ。

で、元からよくするにはちょっと時間がかかるんですって。
やってもらったときはよくても、また悪くなってしまう。
道理。
骨って元に戻ろうとするものだ。

カイロプラクティックというのはギリシャ語だという。
カイロ→手 プラクティック→技術

「ギリシャで始められたのですか?」
「アメリカです」
「…ギリシャ人が始めたのですか?」
「アメリカ人です」
「………なんでギリシャ語?」
「…な・なんででしょうね!?」

要はなんとなく、カッコいいんじゃない?とそのアメリカ人が思ったということ。



【2004/07/02 23:44】 日本での記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」 | BLOG TOP | 「アメリ」つながり>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/33-90976595


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。