椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
まだ生息中
日本に帰っている。
今の状況についてどう感情を表したらよいのかわからない。

病院に行ってきた。
今、血液検査にまわしているところだ。
しかし、私の予想ではアレルゲンの特定はできないだろうと思っている。
アレルギーというものはできるものとできないものがある。
私の一番の疑わしきアレルゲンはカシューナッツ。
カシューナッツのアレルギーは特定はできない、と医者は言う。
ナッツ同士ではある程度の関連性がある。だから、「もしかしたら」はわかる。
そんな程度だ。
医者の説明は心もとなく、「患者に会ってから」と言っていたそうだが、会ったことに意味があったとは到底思えなかった。
彼にとっては、ヨーロッパ=進んでいるところ。
何のために、私が帰国したのかもわからないらしい。
その足で他の病院に行き、「アレルギー治療で良いといわれている病院」を聞く。
自宅で電話するが、結局、たいしたことはできないらしい。
結局、馴染みの病院に行った。
そこで、チェコでもらったものよりは効くといわれる薬は手にはいることに入れることができた。
薬をみると、肝機能の低下を抑える、と表記されている。
肝機能。
最近、背中が痛い。背中がこっている。
理由はここから来ていたのか。

アレルギーについての本を読む。
アレルギー研究はとても遅れているらしい。
原因の一つに偏食、とあった。
幼いころから私の家庭では、とても栄養バランスの考えられた食事をしていた。
父が腎臓病を患ってからは、一層なものになった。
結婚してからも、それなりに気を使って食べてきた。
チェコでの、食事は偏食以外の何物でもない。

日本にて


やっと、だった。
やっと行きたかったところに行ったのに。
渡チェコから、4ヶ月。わずか4ヶ月で、こんなことになってしまった。
どこにも置き場のない虚しさ。
いつなってしまうかわからない恐怖。



【2006/01/06 02:51】 日本で独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(8)
PAGE TOP
<<アレルゲン | BLOG TOP | あけましておめでとうございます。>>
この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/01/07 18:52】 | # [ 編集 ]
私も時々胸焼けがひどく 吐いたりします。
家では和食、温野菜中心にしていますけど
外食は しかたないので。 現地のものにもなれていきたいと
まだおもっていますし。
たまに アロマテラピーに行って サウナ行って サプリメント3種と
運動して お水をたくさん飲むようにしています。
これで十分だと思ってるんですけど  何か足りないようなんです。
若菜さんにしたら 私なんか小さい悩みですね。
でもここでは、お医者さんにも 十分わかってもらえるニュアンスで
食事、不定愁訴の部分を説明できません。
和食は 寿司だけじゃないぞー! とかおもったりして。
帰国して日本のお医者さんなんだから 間違いないでしょう
とかおもってましたけど 不十分な診察ザンネンですね。
また コメントします。  何か励ましてない。w
出直してきます。
【2006/01/08 07:41】 URL | sachiko #- [ 編集 ]
日本のお医者さんでもはっきりしないんですか。。。
っていうか、アレルギーの研究は遅れてるなんて、知りませんでした。
こんなにたくさんアレルギーの人がいるのに。。。あ、遅れてるからそういう人たちを治せないのか。

私は子どもの頃から呼吸器が弱くて風邪ばかり引いていました。そのかわりにアレルギーはないと思っていたら、15年ぐらい前の春先、目がしょぼしょぼして異様に頭がぼーっとし、鼻水がとまらないという症状が出たんです。「すわ花粉症!」と思って病院に行きました。
お医者さんも「これは風邪じゃない。花粉症だ」と断言。
アレルゲンを調べてもらったら、、、、どのアレルゲンでもない!
お医者さんも首をひねっていました。
さらに不思議なことに、そのアレルギー、その年だけで、次の年からは出なくなりました。
その年だけなぜアレルギーが出たのか。
それは職場の座席のせいではないかと。
前年から座席が変わって、隣りに嫌な奴がきたんです。隣りに座られているだけで、嫌で嫌でしょうがなかったんですよ。。。次年度には異動になってほんとによかった。

そういえば、32歳(だったかな?)のとき、運良くフランスの大学で研修を受けることができて、一夏をグルノーブルで過ごしたときも、ふだんになく吹き出物がたくさん出て、「このままではとんでもないブスになってしまう」と心配したものでした。
四六時中頭の隅が痛かったし。
1日中フランス語に囲まれていたせいだと思うんです。そのときの講座では、日本人は私1人で、フランス語の勉強には理想的な環境だったんですけど、非常なストレスだったみたい。

なんとまあ、えらく長くなりましたが、ストレスがたまると、いろんなところにふだん無い症状が出るんでしょうね、、、というのが結論です。
早く病気を飼い慣らす方法を身につけて、またチェコに戻ることができますよう、心からお祈りしています。
【2006/01/10 10:55】 URL | かおる #wYAyu/Y2 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/01/11 17:27】 | # [ 編集 ]
ありがとうございます。
日本に帰って、アレルギーはどうだかわからないけれど、
体調は良くなっていくのが手に取るようにわかります。
やっぱり食生活(+ストレス)ですね。
私もかなり気をつけていた積もりだったけれど、まだまだだったんでしょう。
sachikoさん、サウナどこ行かれてます?

やっぱりアレルギーを持つ方とお話ししたところ、同じものを食べてもなるときもあるし、ならないときもある。
体調の悪いときやストレスがかかっているときは、なりやすい。
だから、かおるさんが「隣のやつ」にどれだけストレスをうけてたかというと...!
吹き出物も私も今、やはり出ていて、
ホルモンバランスが崩れているか、消化器系が悪いかだということでした。
ちなみにそちらのほうは、先日フランスで買った化粧水をつけていたところ、治ってきた気がします。おそるべしフランス。

週末にはチェコに戻る予定です。
かおるさんもおっしゃるように、うまく折り合いをつけていきたいと思います。
【2006/01/11 18:29】 URL | 若菜 #RVrSGgmE [ 編集 ]
フロレンツのホテルアクサの地下ですよ。
2時間までは200ckで あとは追加料金で。
混浴と女性専用があります。
(ご主人とも、はいれますよ!w)
今度よかったらいっしょにいきましょうよ。
(・∀・)ノ ,。・:*:・゚'☆,。・:*:  

フランス。 基礎化粧品はロクシタンが
プラハにもあるので 使ってるんですけど アレいいですね~!
フランス おそるべし。

【2006/01/12 01:19】 URL | sachiko #- [ 編集 ]
はじめまして。
海外在住者のリンクよりたどり着きました。はじめまして!
ちょうど私も今、アレルギーが出て医者に治療中なんですけど、私の住んでいる国の医者も当てにならなくって、もしこのままひどくなるなら日本に帰らないと・・・・って考えてます。

特に疲労を感じるとアレルギーも出やすいそうなので気をつけてくださいね!
【2006/01/14 09:25】 URL | 氷 #2WdbYHDY [ 編集 ]
sachikoさん!サウナ行きたいですー。女性専用もあるんですねえ。
私も、ロクシタン使ってますよvv最初は、キツイかなっと思ってたのですが、大丈夫そうです。
薬はとりあえずは大丈夫そうです。ありがとうございます。何か困ったら泣きつきます。うふ。

氷さんは、ジュージーランドに住まれてるんですか?NZ、一度だけ、観光で行ったことあります。もう、何年か前ですが。ちなみに私の美味しい土地NO.1はNZ!
とても良いところだと思うけれど…広大な土地がそうさせるのか、物事に大雑把な気が…確かに、医療では不安が残るような気がします…。
【2006/01/16 17:56】 URL | 若菜 #RVrSGgmE [ 編集 ]
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/319-1541c9da


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。