椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
入院
どうやら何かのアレルギーのようだ。
チェコに来てから3度目。
最初はロシアのチェコレートだった。
2回目はロシアのスナック菓子だった。
まるで私のなかの潜在意識「ロシアは胡散臭い」を見透かされたよう。
しかし、3回目はチェコ人手作りお菓子。

【症状】
食べてすぐ、胃が炎症しているようで痰みたいなものが咽喉の奥にからまりはじめる。
顔・手から全身まで湿疹が広がる。
下痢と嘔吐が始まる。

ほんのヒトカケラのお菓子がトリガーになる。
本当に少量で発病するので、気づいたときには食べているという状態だ。
今回のは本当に酷く、救急車に乗り更に一泊入院までしてしまった。
日本でだって、救急車なんて一度しか乗ったことないのに。
そして不運なことにそこは、プラハではない。
CeskaLipaという田舎の病院だ。プラハの病院で失望するよりマシだろうか。

しかし。
何なんだろうか。これは。ベッドの上に備え付けてある。

病院1

寝づらい。邪魔。視界が悪く気分を落とすのにも役立つ。

簡単に血液を取ったり。
症状を聞かれる。田舎なので勿論チェコ語のみ。
…痛くて脳がそこまでまわらない。
友達(日本人)がいてくれて本当に助かった。
血圧を測るのも何もすべてアナログだった。
その後点滴をうたれる。
これもまた旧式。

夜、ダンナが一人でプラハに戻る。
保険などをとりに帰るためだ。
当初の話と違って、病院に泊まることはできないらしい。
一人でここか…。
もう寝るしかない。

朝、起床五時。
血圧を測って、熱を測って、「まだ痛いですか?それとも平気?」
ものの30分でまた電気が消された。
また寝る。
7時半。
今度は検査。
「呼ばれたら中に入ってください。」
私のほかにも何人か周りにいたが、「呼ばれる」という動きはなく、各々勝手に「次オレ!」というかんじで入っていってしまった。
やれやれ…。
私も具合が悪いというのに、周りを圧し入っていった。

友達がやって来た。
ダンナもやって来た。
「バスで帰れなかったら、ルームメイトが車で迎えにきてくれるって」
ありがたい。
こんな病院一刻も早く出たい。
そして、もう一泊という病院から逃げ帰ることができた。
兎も角、ダダをこねて逃げ出した。

病院2
隣のおばちゃんは話し好きだった。
糖尿病だそうだ。私の友人も、そして私も傷口をしっかり見せられた。
病室のベッドは高く、おばちゃんはこの吊革につかまって、時間をかけて登る。そのために付いているのだろうか。

帰る前に原因を聞きに行く。
「先生はもういないわよ。」
え…まだ3時すぎ。
カルテを見て、「全てのナッツ」と言われる。
え…全て…?ウソ...少なくとも柿の種はこの前食べた。
間違えだと主張しても勿論、受け入れられず。
やれやれ。

やれやれ。



【2005/12/12 18:13】 チェコで暮らす | TRACKBACK(0) | COMMENT(7)
PAGE TOP
<<クリスマスツリー | BLOG TOP | NovyBor>>
この記事に対するコメント
大丈夫ですか?私は幸いそこまで大変な思いをしたことはありませんが、ただでさえ、病院なんて不安なところなのに、海外で、なんて本当に不安ですよね。でも、助けてくれる人がそばにいてくれるのはありがたいですね。
原因が分かるといいですね。お大事に!!!
【2005/12/17 18:39】 URL | きち #YlatNgdA [ 編集 ]
うああああ アレルギーなんですか。たいへんでしたね。
病院は 重病でも半日放置プレイだそうなので
(っていうか 付き添いで行ったとき、やっぱり放置でした。)
開業医の一人でやってるとこが 狙い目ですよ。
しかし 今回は出先で 担ぎこまれてるんですよね。
でも優しい方々に大切に守られていらっしゃるようで、よかったです。
【2005/12/18 02:53】 URL | sachiko #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/12/18 03:15】 | # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/12/18 03:19】 | # [ 編集 ]
きちさん&sachikoさん

ありがとうございます。病院はやっぱりチェコワールドでしたよー。
周りの人間関係のありがたみを知りました…。
原因をしらべるために一度日本に帰ることにしました。不本意な一時帰国ですが、こっちでも治療可能ならば、通院するために何か準備をしてくるつもりです。
【2005/12/18 12:41】 URL | 若菜 #RVrSGgmE [ 編集 ]
久しぶりに伺いました。入院されていたそうで・・・。今は体調はいかがですか?寒い日が続いていますのでくれぐれもご無理をなさらぬよう。
私もアレルギーもち、おまけに日本で椎間板ヘルニアになり腰に爆弾を抱えての滞在となっています。
日本にご帰国されるそうですが、原因がわかって安心材料をぜひ持って帰られてください。それだけでも気分的に違うと思います。
ちなみに、私も昔韓国で入院しました。やはりかなりディープな「コリアンワールド」でした。
お大事になさってください。
【2005/12/19 01:44】 URL | さりーちゃん #FhqeNpQ. [ 編集 ]
>私もアレルギーもち、おまけに日本で椎間板ヘルニアになり腰に爆弾を抱えての滞在となっています。

ありがとうございます。
さりーちゃんも大変なのですね…。本当に爆弾ですよね。周りに迷惑がかかるのがまた困りものです。何が原因なのかそれを突き止められればと良いのですが…。
【2005/12/20 15:49】 URL | 若菜 #RVrSGgmE [ 編集 ]
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/312-f595259f


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。