椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
チェコのナマハゲ
チェコには俗にいうサンタクロース「赤い服着てひげつけたおじいさん」は存在しない。
その代わりにいるのが、彼。Mikulas:ミクラーシュだ。

12月6日は聖ミクラーシュの日だ。
その前日5日にミクラーシュはチェルト(悪魔)とアンゲェル(天使)を引き連れて、街にやってくる。
正確にいうと子供のもとにやってくる。
彼は一様にプレゼントをくれるサンタさんとは違う。
子供たちは、彼に「成績表(今年はこんなに良いことをしました。悪いことをしました。)」を見せなければならない。
悪い子と判定された場合もらえるものは「炭」もしくは「じゃがいも」
良い子でいるとお菓子をもらえるらしい。
親はあらかじめ、ミクラーシュさんにどっちを、と頼んでおくそうだ。
本当に炭をもらう子もいる。手厳しい。

扮装前

昼間、街を歩いていたら、こういう人たちと遭遇した。

チェルト
夜。
広場にはたくさんのミクラーシュとチェルトとアンゲェルが。
優しげに子供に語りかけるミクラーシュ。
この後チェルトが子供を脅かしているのを見た。結構、怖い。

チェルト2
ステキな出来栄え。

夜10時、広場にいるのは酔っ払いの聖人たち。



【2005/12/05 05:51】 チェコで暮らす | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<酒バトン | BLOG TOP | オルロイ Orloj >>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/309-bab5aa08


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。