椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
オルロイ Orloj
チェコ語で天文時計のことをOrloj オルロイという。
どうでも良さそうな言葉だが、プラハにいるとこれは待ち合わせの場所になったりするので必須単語だ。
旧市街広場に有名なからくり天文時計がある。観光の名所でもあり、毎時に観光客が時計を見上げている。

中は意外と広い。
時計の部分だけではなくほかの建物にみえるところも全部が中でつながっていた。

olroj 2

時計部分の部屋はむきだしの石。

olroj 1
からくりの使途たちには上半身のみ。
この時計を作った人は、この美しい時計を他のところで作れないように殺されてしまったという。

市庁舎部分には壮麗な部屋もいくつかあり。
国内の貴族の紋章が飾ってある。

orloj 3
鍵をあけると地下室が。
そこは監獄だったり、貯蔵庫だったり。
市庁舎なのか、監獄なのか。
しかも、そこからマーケットにつながっていたとか。時代時代で違う用途で使われてきた建物なのだろうけれど、その順序が掴めず。
ところどことに、ジオラマのように物がおいてあるので、少し興醒め。

orloj 4



有名な時計のからくりは毎時に扉があいて12使が周る、というだけのもの。
見あげる観光客の「え?これだけ?」という失笑が好きだ。追い討ちをかけるような鶏の泣き声がまた妙。




【2005/11/30 22:17】 プラハを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
<<チェコのナマハゲ | BLOG TOP | クリスマスツリー点灯>>
この記事に対するコメント
からくり時計
たまたま動いてる最中にそばを通りかかったので、最初からはきちんと見てないんです。
でも、コケコッコーという声を聞きました。
死神だか悪魔だかが、一番鶏の声を聞いて退散する、、ということを漠然と思ったのですが、あってます?
【2005/12/05 13:47】 URL | かおる #wYAyu/Y2 [ 編集 ]
え・・・?コケコッコー?しない…と思います。扉がしまるときに、ぷわーんっと情けない音がしますが、あれのことでしょうか?
え?もしやあれ、鶏の声?確かに鳥の声で退散しますよね。
【2005/12/06 21:57】 URL | 若菜 #RVrSGgmE [ 編集 ]
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/308-22e96f40


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。