椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
Iva Vittova
ブルノに行ってきた。
ブルノには、コンサートのためだけに行った。今回、友達が日本から渡チェコしてきた大きな目的はこのコンサート。
Iva Vittova(イヴァ・ビトヴァ)
日本でもかなり以前に公演をしたことがあるチェコのトップ・シンガーだ。
「耳に残るは君の歌声」という映画の歌声を吹き替えをしていたのがイヴァ。それが友人のイヴァとの最初の出会いだそうだ。
チェコで有名な歌手であり、ヴォイスパフォーマーであり...音楽全般多彩な人。とても美しい声をしている彼女の声はどこかにロマ出身の匂いを残している。

イヴァがとても好きな彼女は歌詞の意味が知りたくて、チェコ語を習いだした。2年前にもチェコ旅行し、コンサートの後にイヴァ本人に会うことができた。
そして今回は、イヴァに会う約束をしていた。
私なんかが同席しても良いのか恐縮しながらも、誘われるままに同行した。
生イヴァは写真よりも、とてもキレイだった。
田舎が好きなの、と言い、ブルノの隣の小さな村に住んでいた。家の前には山。雪が降ると、とてもキレイなの、と言っていた。
ブルノの駅まで迎えに来てくれたのは、イヴァ本人(しかも一台で乗り切れなかったので、往復)だった。
美味しい自家製のお茶とアップルパイ。
とても有名な人だが驕ることもなく、気さくに話してくれ、よく笑う人だった。
ブルノの初雪を窓から眺め、雪が降る窓からの風景がとても好きだ、と話した。


その後、コンサートへ。
生できく歌声は本当にキレイだった。
口笛がどうしてあんなに大きな音で鳴るのかわからない。まるで鳥のよう。
今回のコンサートはヤナーチェクのカルテットに詩を入れたもの。
このチェコ語がわかるともっと楽しかったに違いない。




【2005/11/20 23:10】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
PAGE TOP
<<プラハのトラム | BLOG TOP | MELNIK ムニェルニーク へ >>
この記事に対するコメント
こんにちは、はじめまして☆
きちさんのところから遊びにきました!
チェコにはこの夏に旅行しましたよ!
プラハとっても気に入りました♪
ヤナーチェクの音楽はとってもきれいですよね。そのステキなイヴァさんの
歌声も聴いてみたいです!
では、また遊びにきま~す♪
【2005/11/26 12:46】 URL | あみ #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/11/27 06:49】 | # [ 編集 ]
>はじめまして、あみさん
ヤナーチェクはチェコの音楽家のなかでスメタナ、ドヴォジャークと比べ、ちょっとマイナー(?)ですが、きれいですよね。イヴァのCDは日本だと専門店でしか扱っていないと思います。とてもステキなのでネットなどで探してみてくださいね☆
ぜひ、またいらしてくださいませ~。

>大澤さま

ご期待に沿えるかどうかは甚だ疑問ですが(なにしろ、まだ来たばかりですので)できましたら詳細を教えていただけたらと思います。また非公開コメントでご連絡先を教えていただけますでしょうか。
【2005/11/27 14:16】 URL | 若菜 #RVrSGgmE [ 編集 ]
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/305-6940b999


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。