椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
授業について
毎週月曜日には発音の授業がある。
通常の授業が終わったあと、希望者のみ。
最初は何人かグループで、最近は隔週で個人レッスンで行なってる。
今日は、グループレッスン。
参加者は私一人だった。
授業がはじまって2ヶ月。
段々減ってはきましたが、さすがに初めてだったので、先生が言った。
「どうして今日は誰もいないのかしら?どうしたら良いかしら?」
「告知されたのが今日だから。でも、私は思う。私は練習が必要。でも、他の人は勉強が好きじゃない。だから。」
どうしたら、と言われても。
大人なのだからやりたければやるだろう。やりたくなければやらない。
なんのために通っているのかは、やっぱり自分で考えるものではないのだろうか。
私だってサボるときもある。自分で何をしたいのか、自分で決められるようになるのが大人だと言うことだろう。
当然だが、私にとっては個人の週に15分程度やるよりも、グループの週に一人で一時間近くレッスンしてもらった方がいい。

元々この発音のレッスン、アジア人ばかりが受けていた。
それ以外の人が来たのは、最初のときだけだ。
アメリカンやヨーロピアンは自分が正しく発音できているとでも思っているのだろうか。
自分の訛りに気づけないとしたら、あまりにも耳が悪い。
授業中もとても聞き取りづらい。
フランス人はぼそぼそ話すし、ドイツ人は舌の巻き方が違うし、オーストラリア人は...。
アジア人の発音は確かに悪いと思うけれど、それぞれ苦手な発音があるのに。
自分よりできない人をみて安心してる場合じゃないだろう。




【2005/11/08 06:19】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<冬将軍がやってくる。 | BLOG TOP | 外国人警察>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/296-afe03d69


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。