椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
01.08 バルセロナは都会!
バスは休憩を一度のみでバルセローナに向けて、ひた走り、サンツ駅に停車。
今日のホテルは明朝の飛行機を考え、エアポートバスの出るカタルーニャ広場の近くの三ツ星ホテルを予約。
日本のガイドブックには必ず「バルセロナの治安は良くない」「危険」と書いてあるけれども、バスク人にも「カタルーニャ広場の周りは危険だから気をつけて!」と言われた。向こうの人にとっても危険、というイメージらしい。
朝7時という時間帯だったが、メトロも込んではなく。
都会なのにメトロに下りエスカレータがないことに閉口。
私のスーツケースは友達へのお祝いを入れてきたので、軽くても大きい。

ホテルで休憩。
朝早くから入れてもらえたうえに、コネクティングルームで気持ちが弾む。
さあ、ごはんを食べに出かけよう。
近くのカフェで朝セット。

私が、バルセロナで観たいところといえば、
スパニッシュ・アパートメントで出てきた、グエル公園。なんだか、おかしな建物やらモニュメントやらがあったのを記憶している。
ガウディの考えたイギリス風の庭園住宅だったが、全然売れなかったそうだ。
グエル公園2
私なら、こんなモニュメントのあるところを好んで家を買ったりしない。これ...何?

グエル公園
タイル。
が、タイルはガウディが手がけたものではなく、ガウディのお友達ジョジョールさんのものだ。
しかし、ここが世界遺産だということは、納得できない。
えっなんで?という感じが否めない。
楽しい公園ではあったけれど...芸術とは私のようはつまらない人間には理解できないに違いない。

次はやっぱりバルセロナと来たら、サグラダ・ファミリア。
正面から見れば、TVで見ていた「サグラダ・ファミリア」
中に入って、苦笑。
出来ている部分が少なすぎだ。
サグラダ・ファミリア

ステンドグラスから光が射し込む。

完成は100年先とか200年先とか誇らしげにのたまっているけれど、これ我らが勤勉なる日本人がやりはじめたら、すぐ終わってしまうのではと思ってしまわずにはいられない。

サグラダ・ファミリア2

サグラダ・ファミリア3
ウラからみた柱の先端

これは...宗教建築..だと私は思っていたのだけれど...。

昼食が遅く、そして量が多かったせいもあり、
本日の夕食はスーパーで食料を買いホテルの部屋で軽くすませる。

明日は帰国日。
仲の良い友達でも、ずっと一緒にいれば疲れる。
と言うよりも、私は誰であろうと四六始終顔を合わせているのが苦手なタイプだ。
パエリアは一人一皿じゃないから!
小さいことの積み重ねは、ストレスだったりする。

【2005/08/16 19:32】 05夏 in SPAIN | TRACKBACK(1) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<「チェコのマッチラベル」 「ドイチェラント ドイツあれこれおしながき」 | BLOG TOP | 31.07 サン・セバスチャンの港には海老の頭がおちている>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/265-40bee6b7


エスカレータが併設されているスーパーエスカレーター(Escalator)とは、主として建物の各階を移動する目的で設置・利用される階段状の輸送機器である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- Histo
建築って何?【2007/10/18 12:03】
PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。