椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
「留学」
時折、学生で留学する人の日記を読んでいて驚かされることがある。
私も学生のことから、留学をしてみたいと思っていた。
外の世界を見たい、それくらい誰でも思うようなことだろう。
しかし、お金がなかった。
「お金」
それは、何をするときも厳然と私の前にある壁だった。
ところが、実際、学生で留学する人の日記を読むと、彼らの出費に対する、意識の低さに驚く。
そして、総じて軽いタッチの
「今時、留学なんて当たり前」という記述。
何故、裏にある労働に無頓着でいられるのか。
一年、無収入で暮らすにはどれだけの経費がかかるのか。
そして、それを得るためにはどれだけの労働をしなければならないのか。
それについて真剣に考えたことがあるのだろうか。
その思考の違いに驚く。

実際、こういう人たちと出会うのだろうか。
そして出会ったとき、どういうつきあいをするのか。
これはもう社会人を経験してしまった者しかわからないと思う。


【2005/07/26 15:01】 日本で独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<「女はみんな生きている」 | BLOG TOP | 働く理由はそれぞれだけれど>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/254-58f2147b


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。