椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
理由
私は何故、チェコに行きたいのだろうか。
決して、良いところではないことは、承知のうえだ。
元共産圏。
まだまだ未発達の国。
今流行のように、チェコのアニメに目的を持っての留学ではない。
むしろ、単なる語学留学。
しかも、ダンナつき。
ダンナと結婚が決まった時には、既に私はチェコ留学の決意が決まっていた。
大学を出て早数年、ずっと体験したかった留学を考え、そして、そのためにムリがたたり、体と心を壊した果ての結婚だった。
そのときの私にとって結婚は逃げではなかった。
「チェコに一緒にいく」
その始まりだった。

ダンナは、ときどき驚かされることもあるけれども、
「常識的な考えかた(悪くいえば狭い)」をする人間であった。
何故、彼が
「客観的にみて非常識な考え方」をする人間である私を望んでいたのかはわからない。
今もわからない。
彼が私を得て幸せなのかもわからない。
彼は、何故行くのか。
私以上に、何のために行くかわからない。

大學で言語について学び、「チェコ語」というスラブ語に興味を持ち。
チェコという国の何かに惹かれ、留学することにした。
それだけで良いのだろうか、と時折思う。
しかし、理由はそれだけ。
「行きたいから行く」

【2005/05/23 02:36】 日本で独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<日本の英語教育 | BLOG TOP | 労働と生産。>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/237-61c1142b


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。