椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
webの世界は早い。
私がPCを初めて購入したのは、今から6年くらい前のことだ。
当時、大手のプロバイダは繋がりにくく、
多少とも知識のない方には「え?」と云われてしまう小さなプロバイダと契約している。
ドル○ィン。
当時も今もよく繋がる。
そして驚くほど、安い。
しかし、実家の私の部屋の回線は未だにISDN。PCも、そろそろ死期が近く危険な状態。

これから先のことを考えて、まず、FAXを買おう。
当時のことなので、私のPC独自の回線を引いている。
やはりPCだけでは不便なこともまだまだ、と言うか、ずっとあるだろうな、と思う。
世界中の誰もが、紙媒体から離れることはない、と私は思っている。

そして次はPC。
私がチェコへ旅立ったあとの母用だ。

プリンター。
以前に使っていたプリンターは、壊れた。捨てた。

親しみなれたプロバイダを離れることになるだろう。
IP電話。
ADSL。
光。

現在、webで調べられないことなど、本当に専門分野の僅か一部のこととなったのかもしれない。
便利。
一言でいうと、便利。
しかし、便利なだけであって、本当のことを調べたいときにはやはり上滑りなのが否めない。

web上にものを書いている私であるのに、その僅か一部を応援してしまうのは何故なのか。
紙媒体の美しさゆえか。
印刷された文字の美しさ。CMYK及び特色の出す色。
webのdpiがRGBがどこまで表現できるというのか。
私が幾年前、夢みて就職活動をしたことは、
実際に就職をしたことにより、紙媒体の多様さを知る結果となった。
「どんな文字でも絵でも未来の世界に送りたい。」



【2005/02/12 02:44】 日本で独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
<<花粉症 | BLOG TOP | お雛様>>
この記事に対するコメント
PAGE TOP
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

PAGE TOP
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://kamelie.blog3.fc2.com/tb.php/200-440b2546


PAGE TOP
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。