椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

01 | 2012/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
2月は、寒い月だった。
2月は、寒い月だった。
寒いから外に出ない、と、言い張る私に、家まで来てくれた方々、どうもありがとう。
我儘ですいません。

結晶

---
世界は今日も簡単そうにまわる
そのスピードで涙も乾くけど

キミの夢が叶うのは
誰かのおかげじゃないぜ
風の強い日を選んで
走ってきた

今頃どこでどうしてるのかな
目に浮かぶ照れた後ろ姿に
会いたいな

飛べなくても不安じゃない
地面は続いているんだ
好きな場所へ行こう
キミなら それが出来る

the pillows 「Funny Bunny」
---

私が好きなことをしていられるのは、誰かのおかげだけども、
好きな場所には行かれるなあ。
と、暖かい部屋で、ほんわりと考えた。


スポンサーサイト
【2012/02/29 23:23】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
大きなテーブル
お疲れ様でした。

スェーデンとか北欧の冬の長い地域には、家に大きな大きなテーブルがあるんだって。
そこで、家族、親戚中が集まって一日中、話すの。
長い冬をどのように、家の中で楽しくすごすのか、そんなところから「北欧デザイン」と呼ばれるものも できたんだろうね。
映画を観た後にビールを呑みながら、なんとなく北かな、と思う言語を聞きながら、友人が話した。

私が知っている「ヨーロッパの人たち」は、家族をとても大切にする。
毎週末を実家で過ごすために帰る若い人達も珍しくない。
行かなきゃいけないから、行くわけではない。
特別なアクティビティが待っているわけではない。
終日、話したり。散歩をしたり。
恐らく、日本で考えられている「ヨーロッパは個人主義」とはかけ離れているように思う。
個人主義と言われるのは、他人に何か言われようと気にしないからではないだろうか。
個人が何をしてても認めるからではないだろうか。
無論、おせっかいな人もいるはずなのだけれど、陰湿さが少なく、もっと感情的で動物的。
好きなものは好き、嫌なものは嫌。
シンプルなのは悪いことではない。

件のテーブルは、騒々しいと言っても良いくらいにもりあがっている。


【2012/02/19 23:23】 チェコで暮らす | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
最高レコード
-19!

暦の上では、春になったけれども、その途端に、冬が来る。

冬の間に家でしたいこと、というのを、沢山考えていたはずだけれども、
ぼんやりしているうちに、十分、時間は流れて行ってしまう。
今年も「冬にしたいことリスト」は片付かないまま

Vltava川の水面が凍り、うっすらと雪が積もる。


【2012/02/12 23:23】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
たくさんしたい...けれども
雪

今年は、ゆっくり考える年になるような気がする。
去年は、大きな生活の変化幾つかあった。
---
ヒマラヤほどの消しゴムひとつ
楽しい事をたくさんしたい
ミサイルほどのペンを片手に
おもしろい事をたくさんしたい

THE BLUE HEARTS 「1001のバイオリン」
---

心は常に楽しい変化を求めていってしまうけれど、ちったあ落ち着け、と言いたい。
うおー。


【2012/02/07 23:23】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
美味しい物食べると元気になるもんな。
ごはんの湯気が好きだ。
鍋の蓋を取ると、温かくほっこりとした空気が広がる。

今日から、春。

鍋


できる限り、「作業」を短縮することはできる。
コンビニの弁当を食べたり。インスタント食品を食べたり。
けれども、自分の体を作るのは、食べ物である。
細胞を作り、組織を作り、思考を作る。
インスタントの食べ物ばかり食べていたら、自分がインスタントな人間になっていくのではないだろうか。

私は殆ど、インスタント食品を知らずに生きてきた。
我が家にとって、「冷凍食品」は「以前作った冷凍したもの」だった。
とても、和食を作るのが上手な母で、その反面、洋食は、あまり上手ではなかった。
だから、私は、今でも、洋食よりも和食が好きだし、
パスタやラーメンは、長いこと美味しい物だと思ってもいなかった。
カレーは、母が居ない時の食べ物であり、好きだ、という人の気持ちもわからなかった。
会話がない家族だった。
けれども、同じごはんを食べるということが、家族の繋がりだったように思う。
親はごはんと子供を作る。

最近、インスタントのものを食べるとケミカルの味を感じることがあり、益々苦手になってきた。
日本においてすら、居酒屋の味付けを濃いと感じるようになってきた。
イベント的感覚で楽しむことはできるのだけれどもな。





【2012/02/04 23:23】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。