椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

06 | 2010/07 | 08
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
相変わらず
遠くの、よく知った、けれども、よく知らない街で暮らす
よく知った、けれども よく知らない人。
良い意味でも、悪い意味でも、あまり変わっていないのかもしれない、と思った。
私は、随分と変わってしまった気がするけれども。

---
東京の街に出て来ました
あい変わらずわけの解らない事言ってます
恥ずかしい事ないように見えますか
駅でたまに昔の君が懐かしくなります

雨に降られて彼等は風邪をひきました
あい変わらず僕はなんとか大丈夫です
よく休んだらきっと良くなるでしょう
今夜ちょっと君に電話しようと思った

君がいない事 君と上手く話せない事
君が素敵だった事 忘れてしまった事


東京ではないけれど

話は変わって今年の夏は暑くなさそう
あい変わらず季節に敏感にいたい
早く急がなきゃ飲み物を買いにゆく
ついでにちょっと君にまた電話したくなった

君がいるかな 君と上手く話せるかな
まぁいいか
でもすごくつらくなるんだろうな
君が素敵だった事 ちょっと思い出してみようかな

くるり「東京」
---

今年の夏は暑い。
この街の季節は大味で、日本の季節の遷ろいが懐かしい。
艶やかな花々と、空の音、匂い。
ビルの谷間の黒い風。海辺の蒼い風。



スポンサーサイト
【2010/07/20 23:34】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
コンペティター無し
鯉

鯉、高そう。

こんなことになるなんて、昔は考えてもなかったなあ。
と、庭を散歩しながら思う。




---
初恋のあの子の出てるアダルト・ビデオがあるらしい
極悪の不良だったアイツも 今は親方になったらしい
一ヶ月単位で女を取り替えてたアイツもパパになったらしい
いつも泣いてばかりだったあの子 今じゃ世界をまたにかける

春夏秋冬 何度過ぎて
流れて流され 逆らって
いつしか辿り着く
明日の待つ方へ

嘘ばかりついていた アイツが儲け話もちかけてきた
最先端のの技術と膨大な金で 彼女は顔を変えた
そういえばアイツどうしてるかな
知らないのか アイツ去年ガス管咥えて死んじまったのさ

それでもピュアでありたいと願うのは悪いことですか
だからこそ愛しいと思えるのは私だけですか
昔観た夢と今は天国と地獄の違いくらいですか
ああどうでもいいやと
あなたに巡り会えたから

春夏秋冬 何度過ぎて
流れて流され 逆らって
今 僕らはここで笑うよ
出会って別れて 日は落ちて 
いつしかたどり着く
明日の待つ方へ
あなたを待つ方へ

明日の待つ方へ

のり「明日の待つ方へ…」
---


こんな歌で泣けるようになった。
こんな歌で泣くようになってしまったのだ。
まあ、上出来。




【2010/07/17 09:54】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
斯く語れり
アルコール

実は会ったのは初めてではなかった。

長い人生を語るには6時間は短すぎる。





【2010/07/15 23:44】 チェコで暮らす | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
ウイスキーはなくとも
帰り道

久しぶりに、飽きもせず楽しく過ごす。

残念ながら朝までつきあって、仕事に行けるほど元気ではなくなってしまいました。






【2010/07/13 23:37】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
人の善意を無視するヤツは一生苦しむぞ
小さな感情を全て捨て、「ありがとう」と一つ、感謝をすることを選ぶ難しさ。
そんなことに慣れていないという哀しさ。
金銭で人の関係を築くことは簡単ではあるが、ちょっとばかり淋しい。

Vlak

人の善意を受け入れることができるか否かも人の器。


情けは人の為ならず、とも言うけれど。
なんてな。



【2010/07/11 23:28】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
在外
線路

スポーツ選手だろうとなんだろうと、「自分の国」に住んでいなければ、
理不尽なことを言われることもある。
それに言い返すか、または違う方法で見せるかは人それぞれの選択。
何もしない、という選択もまた存在する。
自分の国に帰れば帰ったで、マイノリティは区別されるのは重々承知。
そんな当然のことを、イチイチ「孤独」だのなんだと使い古された言葉で括ってくれるな。
覚悟がないなら出るな。



【2010/07/09 11:07】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
20歳を過ぎたら
線

「20歳を過ぎたら唯の人」とはよく言ったもので、
実際、20歳を過ぎたあたりから感覚が変わってきたのだ。
脳が重い。

これは、学問でも仕事でも同じで、
覚えることが難しくなったときに、大学という機関は考えることを奨励しており、
私たちはそれを意識することなく移行してしまうけれども、
ただ身体に染みわたることは難しくなり、考えて処理することを余儀なくされているのだ。
若しくは、考えてしまうから、できなくなるのか。

その頃に、払わなかったツケ。
まー、要するに努力嫌いなんだけどね。




【2010/07/06 23:45】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。