椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

03 | 2009/04 | 05
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
東京タワー
東京タワーに行きたくなったんだ。

ベタな映画で泣くほど気持ちよいものもない。
東京タワーなんて、近くて行かないものの代名詞。怪獣映画で壊されるものの代名詞。
でも、今、行ってみたい。
東京という街を眺めてみたい。
現在では、東京タワーよりも高い建物が沢山建っているけれど、それでも、敢えて。

線路は続かない

簡単な事なのに どうして言えないんだろう
言えない事なのに どうして伝わるんだろう

一緒に見た空を忘れても 一緒にいた事は忘れない
-
いつか 涙や笑顔を 忘れた時だけ
思い出して下さい
迷わずひとつを 選んだ
あなただけに 歌える唄がある
僕だけに 聴こえる唄がある
僕だけを 待っている人がいる
あなただけに 会いたい人がいる

BUMP OF TCHICKEN「花の名」
---

誰も待っていない時だって、ある。
それでも、時は流れて、その後には、一緒に見た空しか覚えてなくなる。
見上げた空、花、あのときの空気、そんなものばかり覚えている。





スポンサーサイト
【2009/04/26 09:52】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
元より話にならないけれど
凄え。

完敗。
こんな人も世界には居る。
自分と同い年の人間で。
私は小さいなあ。
お育ちの違い、そう言ってしまえば身も蓋もないけれど、それでも同じ人間なんだ。



[READ MORE...]
【2009/04/23 10:48】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
夜の歌
夜の歌

iPodに入っている曲は、何故だか夜が似合う曲ばかりで。
爽やかにウォーキングするのに向いていない。
つまり私ってそんな人間。
そんな風に過ごしてきた。

私とあの人はまるで違うと思っていたけれど。
私が見えていなかった、見たくなかったものを、ちゃんと見えていた。
男とか女とか、そんなものすら置いといて。
あの強さが欲しい。

---
好きな人や物が多過ぎて 見放されてしまいそうだ
虚勢を張る気は無いのだけれど 取分け怖いこと等ない

此の河は絶えず流れゆき
一つでも浮かべてはならない花などが在るだろうか
無い筈だ
僕を認めてよ

明日 くたばるかも知れない
だから今すぐ振り絞る
只 伝わるものならば 僕に後悔はない

何時も身体を冷やし続けて 無言の季節に立ち竦む
浴びせる罵倒に耳を澄まし 数字ばかりの世に埋まる

上手いこと橋を渡れども
行く先の似た様な途(みち)を 未だ走り続けている
其れだけの
僕を許してよ

逢いたい人に逢うこともない
だから手の中の全てを
選べない 日の出よりも先に 僕が空に投げよう

吐く息が熱くなってゆく

椎名林檎「月に負け犬」
---


【2009/04/20 21:43】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
フェア
緑の中は

公園の中は緑が溢れていて、呼吸するのが気持ちよい。
木々の空気を吸いたくなるのは、ウィスキーの匂いを吸いたくなるのに、似ている。
病み付きになる。

できる人ができない人のことを言うことはナシだと、ずっと思っていたけれど、
できない人やらない人が、できる人やろうとしている人に言うのもナシだな。
フェアじゃない。
誰かを何か言うことで、心の平静が保たれるなんて哀しいことだから。
そうは言っても、たまにウォッカを呷ることくらいなら、つきあうぜ。




【2009/04/19 21:32】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
ポジティブ
ちょっと見えてきた

ポジティブだと言われた。
自分ではそんなつもりは毛頭なかったけれども、そう言われるのは初めてじゃない。
「ポジティブ」「この国で生きていけるだけの強さがある」
ここに来た当初に或る人から言われた言葉を覚えている。

そういえば、あの人も。
立ち止まることもある。
倒れることもある。
それでも、前を向いていられるか、否か。立ち上がるか、否か。
つまりそれが強さってことなのか、と思い至る。

無駄なことにはエネルギーを使うのは勿体無いから、どうせ進むならば前が良い。
無駄なことは考えるのはバカバカしいから、どうせ生きるのならばスマートに生きたい。


【2009/04/17 20:54】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
N/A
N/A

我が道を行けるくらいの強さは手に入れたつもり。



【2009/04/16 20:52】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
スラヴ叙事詩
アルフォンス・ミシャの描いた「スラヴ叙事詩」という絵がある。

Moravsky krumlov 

パリで売れた彼はミシャとして有名だけれど、本当の彼はムハという名のチェコ人だ。
パリで商業的に成功した頃の絵が代表作として知られているけれど、90年代初頭、彼はチェコに戻り独立した国のために仕事を望んだ。
プラハ場内の教会のステンドグラス、市民会館の市長の間、有名、高名な場所である。
外国で成功し、戻ってきた者を非難、嫉む民族性は今もその頃も変わらない。
そして、連作「スラヴ叙事詩」を描いた。20作にも及ぶ大作だが、どれもこれもハンパなく大きい。
収蔵する場所がなく、このチェコの田舎の村の城に飾られている。

正直、ムハの絵は私の好みではない。
それでも、この絵は観てみたかった。
片田舎、そんな言葉がぴったりの村に4時間以上かけてやってきた。

駅までの道

イースター休みのため普段、1時間に1本のバスが2時間に1本だった。
時間がありすぎたので、駅まで歩く。
駅から中心部(なんていう大層なものでもないが)まで、離れているのはどこの国でも共通。
鉄道は後からやってきたものなのだ。

駅までの道2

暑いなか歩いたのは、ほかでもない。
行きのバスから見えた桜が気になっていたから。

駅までの道3

近づいてみると、思いのほか華がない。
個々は悪くないのに。
どこかの国と似ている、また思わず、そんなことを思ってしまう私は。



【2009/04/12 23:57】 プラハから国内へ | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
イースター・ホリディ
Letenske sady

プラハに住む上での一番の娯楽は「散歩」と言っていいだろう。
ここ数週間の間に公園の人口が爆発的に増えた。
ここの公園にはギターを練習する、なんて人も来るのだ。ストリートミュージシャンとはちょっと違う。

春

街が色づく。生命の色。

イースターエッグ

気がつけば、イースターをチェコで過ごすのはまだ2回目だった。
1度目はチェコで、2度目はアイルランドで(あの国の最大の行事は聖パトリックデーだ)、3度目は日本で。
イースター・エッグを買ってみた。
どこで過ごしても、何をしてても、一日一日を愛しむように過ごしたい。




【2009/04/10 23:19】 プラハを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
外PIVO
Letenske sady

公園にビールを呑みに行って、ビールを求める長蛇の列に恐れおののいて、近くのホスポダへ。
ここですら、テラス席は一杯。
同じように外に向かった私たちも同類。



【2009/04/09 22:15】 プラハを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
似て異なるもの
でもなんだか違うんだ

桜には違いないのだけれども、でも、なんだか違うのだ。
日本で見る桜も、何故か感傷的なものになってしまうけれど、
ここで桜を見上げる度に、
これではないのだ、と思ってしまうがために。

【2009/04/07 23:50】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
今日は、夏
ボブスレー

友達の子供と乗って、擦り傷を作ってしまったのは私。
子供はまだカーブで体の倒し方がわからない。そして軽い。

昔は子供と遊ぶのも苦手だと思っていたのに。

周りを見渡せばモヒート人口の多いこと多いこと。
モヒートの季節がやってきたぜ。


【2009/04/04 21:48】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
春、そして、
春の中へ2

先週、冬のコートを着ていたのが嘘のように。
一日千秋という言葉はあるけれど、あっという間に春を通り過ぎてしまうことは、
何と言えば良いのだろうか。
下草に色がついたと思えば、蕾が膨らみ。
そして、あっという間に散っていくのであろう。
春服にしようか悩んでいるうちに夏服が必要になる。
日本で一番好きな時期だった春を待つ頃がこの国では、ほんの数日で過ぎてしまう。

公園に人が多くなってきた。



【2009/04/03 21:28】 チェコで暮らす | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
Keep walking.
冬眠から覚める生き物のように、ウォーキングをはじめた。
去年は休日の早朝のみだったけれども、今年は仕事が終わった後に行くことにした。
以前は自分から体を動かそうなんて思いもしなかったのに。自分で自分に驚きながら。
人って本当に簡単に変わる。
一週間前に言ってたことと違うことを、ぽんっとする、それが私だ。
前言なんて気にするどころか覚えてもいない。

春の中へ4

さすがに、もう、そろそろ諦める方向性に向かおうと思っていたのに。
この国に住み始めて長期戦に慣れてきた。
今日がダメなら明日、明日がダメなら明後日。必要ならば、欲しいならば諦めなければ良い。
諦めるという選択肢よりも、求めるほうがよっぽど簡単なのだから。
いつか信じていれば、花が咲くならどんなに良いだろう。
こんな私の自分勝手な行動が誰かに不快感を与えていませんように。

やっぱりタイミングなんだなあと思う。
変わるところと変わらないところを大切に。
Keep Walking.
また花が咲くことを夢見て。


【2009/04/02 23:28】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。