椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

08 | 2008/09 | 10
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
シュトーレンを食べるということ
シュトーレンは大きい。
一度に食べるものではなく、少しずつ食べるものだからだ。

先日、シュトーレンを友人宅で食べたときのことを、思い出す。
この夏中「夏に聴くクリスマスソングっていいよね~」と、クリスマスソングを聴かされていた家で。
きっと、私は、今年のクリスマスにこのことを思い出す。
来年の夏にも、このことを思い出す。
切り取られた写真のように今日の日の記憶が残る。
そう思いながら、食べた。
「みんなで過ごすクリスマスは今年が最後になるんだ、という予感がした」というハチクロの竹本くんの台詞がよぎった。
予感ではなく、確信。
過ぎ行く時が愛おしくかったあの日。

夏のシュトーレン


変わったようで全然変わってない自分に気がつく一瞬。
いつも同じようなことを繰り返して、失うものがあった。
人は簡単に変わることはできないことはわかってたはずなのに。
変わった気になっていた。
勿論、変わったところも、たくさんあることも知っているけれど。
私は良い方向に変わっていっているのだろうか、こっちに進んで行ってよいのだろうか。
少しだけついたつもりでいる自信の中身を掘り返してみると、そんなことを思わされた。

こんな私が未だにここにいる。
こんな私を周りの人が支えてくれて...私がここにいるこことは、私だけの力ではないのだ。
わかってたはずのことを再確認させられる。
立ち止まって休憩をいれるのは悪いことじゃない。

シュトーレンが大きいのは、こうして一年のことを、昔の記憶を振り返るためなのだろう。


スポンサーサイト
【2008/09/27 23:15】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
秋と冬のはじまり
YOUTH GOING STEADY

永遠だと思える瞬間は確かにあった。

それでも、止めようもなく時間は誰のうえにも公平に降りていき、
そして、もうすぐ、夏が終わる。



【2008/09/13 10:14】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
道程
僕の前に道はない 
僕の後ろに道は出来る
ああ 自然よ 
父よ
僕を一人立ちさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため 
この遠い道程のため

僕の前に道はない 

「道程」
有名なこの詩、最初は120行だったそうだ。
余分なものを削ぎ落としてみれば、言いたいことは9行。

この国に住むうえでの書類関係ミッションの最難関、外国人警察に行ってきた。

「待ち時間」としては、これまでで一番長い間待った。
6時間待ってチケット一枚取れて、「私たちはラッキーだった、チケットが取れたんだもの」という人に感嘆の目を向けつつ、10時間待って「ま・終わったんだからいっか。」と思った私がいた。
発想の転換、と、言うこともできるけれど、気がつけばこれがチェコ人気質、と呼べるものではないかと思い当たる。

環境に慣れる、忘れる、そんな能力を人間はいつも必要としている。
3年前の自分ふと、振り返り、思い出す。
いろんな言葉を呑みこんで、まだここに立っている自分。
強くなるって案外、そんなことなのではないだろうか。



【2008/09/09 20:35】 チェコでの記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
PAGE TOP
6回目のドレスデン
ようやく...というかんじながらも、6回目のドレスデン。
もう、当分は来ることはないだろうと思い、クリスマス・シュトーレンを買った。
日本でもクリスマス前になると、ちらほらと見かけたこのお菓子、ドレスデンが発祥の地だと言われている。当然、観光の目玉でもあり既に販売している。日本で食べたものよりも、遥かにどっしりと重い。実は重量的にも重くて、1キロという単位で売られるものである。

エルベ川の畔で

ドレスデンはいつ行っても、ドイツ人観光客が多い。
こじんまりとした街でセンターだけながらも、歩くのに地図は既に全く必要ない。


【2008/09/04 18:01】 チェコから海外へ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
チェコ事件
painted like 1968 1

街のあちこちにソ連を揶揄するペイントがされ、ビラが貼られたという。

実は、この軍事介入についてはチェコ人は全てを知っていた、という話すらある。
だからこそ、国境近くから写真が残っているのだ、と。
だからこそ、進行されてきた翌日あれだけ戦車に向かえたのだと。
そんな声は歴史には付き物だけれども。
真実は知らない。
写真は真実を語らない。
美化することも懐疑的なだけの目で眺めるのも柄じゃない。


painted like 1968 2

「ロシアからの輸入品:戦車、行列、死...68年チェコスロバキア、08年グルジア」
そして、ここに書かれた「+USA」。
最初から描かれたものなのか、後からの落書きなのか。
プラハの春のときの落書き等には皮肉まじりのものが多いけれど、
こんなところにまで落としたがるのを見ると、溜息が出る。


【2008/09/01 00:35】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。