椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

07 | 2008/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
40年後のチェコ
after 40 years 1

40年前、8月20日夜、ソ連がプラハにやってきた。
所謂、プラハの春が起こり、そして、それに続いたチェコ事件。
40年後にあたる今年、様々はプロジェクトが行われている。
パネルの前で古びたカメラを構える老人がいた。
どんな想いで眺めるのか。
どんな思い出が付随しているのか。

after 40 years 2

若い世代にとっては、もう遥か昔のことなのだろう。
恐ろしいと思うのは二十歳過ぎの子にとってすら、社会主義の時代が既に昔のこととして認知されていること。
私はベルリンの壁が崩れたときのことを覚えているというのに。
彼女たちはロシア語を話す観光客のようだった。

after 40 years 3

人間は自由であることに慣れてしまう。
でも、と、私は思う。
チェコ人の性質としてあげられる自分の権利を侵害されたときに発生する攻撃性はこのような歴史から来ていると。
たとえ本人たちが気づいていなくても。
そして、また日和見主義なところも。
日本に帰ったときに、TVでプラハが映し出され、その歴史について語られていた。
静かに沈黙を守りつつも、抵抗を続ける、耐え忍んだ民族、そんなキャッチフレーズだった。
言い換えれば、日和見主義の蝙蝠で、他力本願で、調子に乗ったときだけ頑張って旗色が悪くなるとすぐ逃げる、それなのに権利だけを主張する、そんな風にも言える。
そんなチェコ人の性質が嫌だと言っていたチェコ人もいた。
忘れ去られようとしていた事件がグルジアへのロシア軍事介入によって、記憶を呼び覚まされた、という。
また戦車で脅されるまで気づかない。最初の銃声が鳴り響くまで。

after 40 years 4

忘れるのは人間の最大の能力。
忘れることができるから前に進めるのだろう。
それでも、忘れないからこそ前に進めることもある。



スポンサーサイト
【2008/08/30 21:53】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
一日のサイクル、一生のサイクル
stromovka park3

生きている限り、歓んだり、落ち込んだり、そんなことの繰り返しで。
わかっているはずなのに、わかっているからだろうか、詰まらないことで感情が動く。

昔と違うのは、必ず、先には光があると信じられること。
夜は明けないんじゃないか、と思ったこともあるけれど。
でも、違うのだ、と今は言える。
必ず夜は明けて、朝がやってくる。
そして、それと同じように夜はまたやってくる。
考えてみれば当然のことなのに。
明けない夜はない。
そして、それと同じように夜はまたやってくる。
そんな簡単なことに、なかなか気がつかなかった。

辛いときには誰かにすがりたくて。
すがることができないなら、いっそのこと手を離してしまいたくなるけれど、
傍で支えてあげられないのならば、いっそのこと手を離してあげたほうが楽になるのじゃないかと思いたくなるけれど、
それすらも自分の弱さであるとは薄々は感じていて。

繋がることにすら臆病になりつつも、伸ばそうとした手を見なかったことにされても。
朝が来るから夜があるのだ。
そのことがわかっていれば、やりすごすことができる。
伸ばした手の先にいる人は、そのことすら忘れてしまうほど追い詰められているのかもしれない。
「そばにいる人間が揺らいだら、おぼれている人間が掴まるものがなくなってしまう」
だから私は揺るがない。



【2008/08/26 19:40】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
プラハの芸術
kampa museum

久しぶりに予定もなく、ただ、のんびりと過ごした週末。
PCの前から離れて散歩に出た。

プラハのアート・ジョークは割と好きだ。


【2008/08/23 19:16】 プラハを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
夏の終わりの夕暮れ
一度訪れた寒さから気温がまた少し上がった。

letna

夕暮れの公園には去りつつある夏を惜しむ人々が溢れている。
来年はこの景色を誰と眺めるのだろう。
傍らの友人たちは来年にはもう、ここにいない。

見上げるのは既に秋の空。




【2008/08/19 19:07】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
ウォーキング
stromovka park

日曜日、公園を歩くのが習慣になりつつある。
ほとんど人にいない広大な公園はちょっとばかり恐い。
多分、一人では歩かないほうがいいだろう。

stromovka park2


段々、日の入りが遅くなってきた。
いつまで続けられるのだろうか。




【2008/08/17 19:07】 プラハを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
朝の景色
stromovkaの朝

毎朝、近くの公園をウォーキングする友人たちに便乗して、休日の朝、一緒に歩くことがある。

stromovkaの朝 2

ゆるゆると動き出す空気と光はとても気持ちが良くて、貴重な休日に早く起きる価値があるというものだ。
たとえ、私が朝起きるのが苦手であっても(それでも昔に比べれば、随分寝起きが良くなったものなのだ!)。
こんなふうにすぐ近くに大きな公園があるというのはプラハの利点だ。

プラハには所謂、日本のような娯楽が少ない。日本の、東京のようにはいかないけれど、違う視点で見れば、他の楽しみ方をすれば、楽しめる場所だ。逆を言えば、ただ興味もなく仕事のためだけに、こんな土地に来て、楽しみをみつけることすらできないとしたら...なんて詰まらない毎日なのだろう。

stromovkaの朝 3

短いチェコの夏は確実に終わりに近づいてきている。
夏を楽しむことができるのは、クロアチアやイタリアに行くことだけじゃない。
毎日の生活に少しずつの楽しみ。




【2008/08/10 23:10】 チェコで暮らす | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
対岸の火事
対岸の火事、とはまさに此のこと。

まだこの現代にも戦争が始まる。
何十年前と同じように武力で事を収めようとする国があるのだ。

プラハの空

グルジアの場所すら知らなかった。
【2008/08/09 22:43】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
PAGE TOP
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。