椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

05 | 2008/06 | 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
リスボン条約で想う
さて前述したイベントで博物館前を通りかかったとき、新聞の号外が配られていた。
手にしてみるとそれは、アイルランドが国民投票でリスボン条約を否決したというものだった。
白状しておくと、私はこの条約について詳しく知らない。何度かまとめられているはずの文章で読んだのだけれども、全てを理解できなかった。
そして、反対に投票した人たちも「よくわからないものは賛成できない」ということらしい。



Tullamore Dew


去年の今頃は私はアイルランドのダブリンにいた。
あれから私は、プラハに戻り、そして、またプラハにいる。
ダブリンの天気の悪さも週末の朝の街の汚さもそれなりに懐かしい。


スポンサーサイト
【2008/06/15 23:23】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
PRAZSKY MUZEJNI NOC
一年に一度、プラハ中の美術館・博物館が19時~01時までの間タダになる、というイベントがある。
夜中にダイレクトに美術館・博物館まで行く足も確保されるようにと特別バスも運行される。街に人が溢れかえる。
プラハらしいイベントだ。

Dum U Cerne Matky Bozi

今更ながら行ってみた。
実は今まで一度も言ったことがなかったと言えば、プラハ在住の方は驚くだろう。この有名な階段を初めて一番上まで上がった。

Klaster sv.Anezky Ceske

この教会もお気に入り。観光のおススメは、と聞かれたら常にランクインする。
ここは一緒にいた友人のリクエスト。
いつもの、全然人のいない空気とは明らかに違う。しかも夜中。

暗くなってから徘徊するのが好きなのは小さな頃からだけれども、こんな街中がざわついた雰囲気とはまた別物。これはこれでアリだろう。

一杯呑んで家路に着くのは久しぶりに良い時間になっていた。


【2008/06/14 23:32】 チェコで暮らす | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
PAGE TOP
生活習慣
グリーンアスパラガス


ホワイト・アスパラガスに引き続き、グリーン・アスパラガス。
春の味覚。ホワイトアスパラガスが美味しいだけでほとんど栄養価がないのに比べ、こちらは栄養もあるという。

海外をベースに暮らし始めて、初めて長期日本滞在をしたこのは先日。
どうも日本での暮らしは健康に良すぎるらしく、そのバウンドが来ている。
最近、昼食を外食していることも原因だろう。
生活が変わったことも原因だろう。

先週、今までは(恐る恐るではあるが)食べていたピスタチオでもアレルギー反応がでてしまった。日本帰国時にも口にしていたが、全く何でもなかったのにも関わらず。
その場では薬を飲んでやりすごしたものの、一度アレルギーが出ると暫く、内臓がやられてしまう。
お腹を休めたあとに、また食べ始めるときの状況もしんどい。
いろいろなものに対する免疫力も落ちていてアレルギーだけでなく、ちょっとした刺激にも弱くなる。
上記のアスパラガス、とても美味しかったのだが繊維質のせいか口の中がピリピリとした。

外食を減らそう。
お酒も減らそう。
最近、また吸っているタバコも減らそう。


【2008/06/11 22:17】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
Time is changed
IMGP0571.jpg

プラハは大きな街ではない。
住んで幾年かにもなれば行くところも決まってくる。いつも同じような場所を散歩し、同じカフェに行き、同じレストランに行き。
ルーティーンな生活は嫌いではないけれど。
誰も知っている人のいない場所へ、知らない街へ、という気持ちを心の数パーセントに占め暮らしはじめた この街は確実に私の生活の場所になっている。
無論、この街もどんどん変化している。こっちのお店が閉店したと思ったら、新しいお店が開店し...そんなことの繰り返しなのは東京もここも同じだ。ただ、こちらのほうが数も少なければ変化にも鈍感になる。

そんななか、「時代が変わった」と思うようなことを聞いた。
外国人警察が変わった、と言うのだ。
プラハにいる外国人で「外国人警察」と聞いて嫌な顔をしない人はお金があるか、よっぽどラッキーな人だ。賄賂が横行し、開館時にはプチ・パニックが起こるほど混雑し列の横入りが多く、それを放置しつづけた場所だ。秩序とか常識という言葉はここにはなかった。
ここ数年で、引越し明るい銀行のような窓口の場所に変わった。見通しがよい作りになり賄賂は減った。
そして最近聞いたことには、開館時のストレスさえも軽減されたというのだ。原因はYouTube。
開館時のその映像が流れたのだという。
キッカケは小さなことだ。
そんなものをきっかけにガラリと様変わりをしたのだと言う。今までしかるべき機関から正式な文書が提出されようが何だろうが「世代交代をしなければ変わらない」と言われていた場所が、ネットという武器によって変えられた。

勿論、働いている人たちのオツムはまだ健在だろうし(自分たちの法律を理解していない)、
朝も早くから並ばなければならないことには変わりはないのだろうけれど。

それでも時間は確実に流れ、ゆっくりとまわって行く。


【2008/06/09 22:35】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
「大切なものは目に見えない」
クレープ屋にて


「砂漠が美しく見えるのは、そのどこかに井戸を隠しているから」

ちゃんと読んだことのない私だけれども、さすがにこの台詞は知っている。
このカフェの壁には星の王子さまの挿絵が描かれている。
それを見るとこの言葉を思い浮かべる。




【2008/06/01 23:24】 チェコで独り言 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。