椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
O'Connell streetと棒(塔?)
O'Connell street(オコンネル・ストリート)というダブリンの目抜き通りに変な、誠に変なとしか形容のできない、ただの棒が突っ立っている。その名も「Spire(スパイヤー)」。そのままのネーミングだ...。
Spire

Spire(スパイヤー)とSpider(スパイダー)を間違えていた友達がいたけれど...。

高さ120m。
ミレニアムとEaster Rising(イースター蜂起:対イギリスのクーデター?革命?アイリッシュのアイディンティティ。アイリッシュカルチャーとはケルトと対イギリスと言っても過言ではない。)の50周年を記念して作られたものだそうだ。よくわからない。その理由は私には。ちなみにその理由がわかる前には誰彼かまわず「なんのために作られたの?」と質問していたのだが、その問いに答えてくれるものは誰もいなかった。
現在、待ち合わせ場所によく指定されるが、円柱なため、ときおり、ぐるりと周ってみないと不安に駆られる。
O’Connell street 1
大通りの真ん中の安全地帯にあるため、邪魔。
ダブリン人には不評である、とどこかのサイト(日本語)でみたことがあるが、私が聞いたアイリッシュは一様に、褒めていた気が...。わからない。アイリッシュの考えることは、わからない。

この通り、立っているのは棒だけではない。
O’Connell street 3
知らない人。
銅像もたくさん。
多分、どこかにO'Connellさんもいるはずだ。
ちなみにSpireの場所は1966年IRAに壊されるまでLord Nelson:ネルソン提督がいらっしゃったそうだ。
O’Connell street 2



スポンサーサイト
【2007/06/19 14:03】 ダブリンを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
馬車
散々、ここは「日本の小さな街のようだ」と書いてきたが、ここがヨーロッパだと感じることを。

現在は私はかなりのセンターに住んでいる。(交通費のバカにならないここではセンターに住みたかったのだ)
が、何故か私の家の近くを馬車が闊歩するのだ。

馬車 ダブリン

荷台にみえるは、マーケットで売る荷物。
センターのど真ん中、ショッピングセンターの隣を位置する場所に毎日市がたつ。そこでは、如何にも、なアイリッシュ訛りの強い人たちが店を開く。
そこにいく馬車だ。

朝、荷物を置いた馬がどこに行くのかは知らない。

【2007/05/08 06:45】 ダブリンを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
Howth ホウス
自宅近くの海では飽き足らず、わざわざ港町まで足を運んだ。
ダブリン、シティセンターからDARTというちょっと郊外に行く電車の北の終点(終点はHOWTH(ホウスだけではないのでご注意を)。
海岸沿いにシーフードショップが軒を連ねる。
港には漁船が停泊している。どこの国でも似たような風景だ。
Howth1
私はこの漁船のならぶ風景が好きである。
母の生まれたところが小さな漁村で、そして小さな頃、夏になるとよくそこに行っていた。
私が小さなころはコンビニも何もないようなところで、雨が降ると何もすることがなく困った。今なら、何もなくてもダラダラする、ということだけで良いようになったが小さなころは時間を持て余して、本を読んだりしたものだ。
東京湾を挟んだ反対側の県はお洒落なイメージで売っているが、私にはこの漁村がお似合いだ。
閑話休題。

私がここで気に入ったもの。
それはこの標識である。
Howth4
アイルランドの標識はどれも微妙なリアルが感じられていつも気にするようになっていた。
Howth3


Howth2
海豹だと思うが、何匹もゆうゆうと泳いでいた。

【2007/02/24 16:34】 ダブリンを歩く | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
PAGE TOP
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。