椿日記
-チェコにて-まだ性懲りもなくプラハにいます。

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE
椿
  • 椿
  • チェコ共和国、首都プラハにいます。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
PAGE TOP
初詣
神田明神

初詣なんて何年ぶりだろうか。
新しい年を日本で迎えたのは、日本の外に生活を移してから初めてのことだ。

実家を離れ、私はごはんを食べるのが遅くなった。
家の食卓は、お世辞にも楽しい空間とは言えなかった。
いろいろな人と住み、リラックスできる人たちとごはんを食べる機会も増えた。
今は、早く食べると、苦しい。
私には自分のペースがあるのだ。
小さい子供にだって、自分のペース、自分の考え、つまりは自我があるのだ。
けれど、それが理解できない人々も存在する。
理解出来ない人々にとっては、対象の年齢、対象との関係は問題ではないのだろう。
ただ、理解出来ないのだ。
ただ、人との距離のとり方が下手なのだ。
数年振りのお正月の食事を一緒に囲めないような場所を、私は、欲しくはない。


スポンサーサイト
【2012/01/01 23:23】 日本での記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
ウチは切り餅

仕事も終わり、お正月の準備。
そういえば、昔から親戚からお餅が届いたものだった。

私は、チェコに戻る準備も。


【2011/12/30 23:23】 日本での記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
2nd. 東京タワー
東京


3年振りくらいだっただろうか。
初めて会ったときは、まだお互い「若い」と言っても良かった。
彼女はいつも考えている。
にこにこと穏やかに笑う彼女の、その中のエネルギーは強い。

潔さ、とは何であろうか。
潔さとは、万事を尽くした後の、諦めを含むこともある決定である。
為すべきことが残っているうちは、放棄。
為すべきことを見出す力。
そして、為すべきことを、作業をこなすように、ただ、淡々と行い続けていけば、為すべきことはなくなる。
ただ、それだけのことなのだ。
目的の為に、必要なことを的確に、粛々と駒を進める、そういう人で、私はありたい。

2nd. 東京タワー、初めて聞いたときは騙されているのかと思った。

【2011/12/29 23:23】 日本での記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
春の声
Dear hapico,

懐かしいはずの あの夏の声で今も変わらず また囁いてきた

気づかぬうちに歩いてきた 曲がり角はもう通り過ぎ
知らない道に辿り着いた どっちに向かえばいいのだろう
あの小説の中で集まろう
あの小説の中で集まろう

冬の歌声を聞かせてくれたって いや、春の声を吹き掛けてあげる

TOKYO No.1 SOUL SET「MORE BIG PARTY」
--- 

言葉で表すのは難しいけれど、
人を形づくる、倫理以前の信仰心や歴史観のようなもの、
本当の人の根っこの部分、そんなものだろうか。
同じであるかどうかは問題ではないのだが、恐らく、似通っており、
そして、小さな違いなど、問題にならぬほど、認め合い、理解しあえているのだろう。
当然だと思っていたけれど、それが当然ではないことに気がつかぬほど、
私たちは、同じ土台に嵌っていたのだ。

思い出話に花が咲くのではない。
私たちは、そんなに短くない期間、違う場所に住み、違うことをし、違う人たちと交わって生きている。
けれど、話すことは「今」について。
簡単なようでいて、難しいとわかってしまうのは、それなりの年齢を重ねてきたから。




【2011/12/26 23:23】 日本での記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
N/A
Lying in my bed I hear the clock tick and think of you.
Caught up in circles confusion is nothing new.
Flashback warm nights
Almost left behind
suitcases of memories,
time after...

Suitcases of memories

Sometimes you picture me
I'm walking too far ahead
You're calling to me, I can't hear what you've said.
Then you say go slow I fall behind
The second hand unwinds...

Time after time.

Cindi Lauper「Time after time」
---



【2011/12/24 23:23】 日本での記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
京都にて
相変わらず、うまく説明はできないことが、もどかしかったけれども、
なんとなく、伝わったであろうか。
私は、いつも上手く話せていない。
人は、私自身ですら説明できない何かをどう受け止めるのだろうか。
けれども、この人は、私自身ですら気づかない、考えていない何かを言ってくれるのだ。

KYOTOです


不思議な関係だな、と思う。
長い時間を近くで過ごしたことは一度もない。
けれど、彼女は私にとって特別なのだ。
彼女の大きな手。
それだけで暖かい、許されたような気持ちになれるのだ。



【2011/10/15 23:05】 日本での記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
PAGE TOP
大阪にて
New flat


一日、雨。
けれど、それはそれで楽しかったんだ。

まるで同じ街に住んでいたときのように、
けれど、今はお互いそれなりにポジションが決まってるにも関わらず、
話す内容も、変わりはない。
コイツから「変わったね」って言われるのも、また嬉しい。
私も、あの頃の自分よりも今の自分の方が好きだぜ。



【2011/10/14 23:44】 日本での記録 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
PAGE TOP
| BLOG TOP | OLD>>
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。